【おさらい】 Blade&Soul の戦闘
●他サイトヘッドライン
« 衣装の割に倉庫が過負荷!これ以上捨てるアイテムが無い | メイン | 【おさらい】 Blade&Soul の能力値 »

2014年2月16日

【おさらい】 Blade&Soul の戦闘 [ Blade&Soulの基礎知識 ]

戦闘は険難な武林で生き残る為、
必ず指摘しておかなければならない基本行動様式だ。

Blade&Soul は戦闘から始まり、戦闘で終わるとする位、
戦闘の大切さが非常に高い。

効果的な戦闘の為、戦闘進行方法に対して詳細を調べよう。

韓国公式パワーブック





●戦闘姿勢

攻撃を受けたり、武功を使えば、「一般姿勢」 から 「戦闘姿勢」 へと変更される。

戦闘姿勢に変更されれば、一般姿勢で取る事が出来る行動が一部制限されて、
軽功術を使う事が出来なくなる。

また、再生薬を除いた料理は使う事が出来なくなり、HP と内力(一部職業)が自動回復しない

なお、HP 再生オプションがあるアイテムを装備した場合、
戦闘中に HP 回復を行う事が可能だ。

戦闘が終了したり、約 5秒間ダメージを受けなければ、一般姿勢へと変更されるが、
強制的に姿勢変更を行う事は不可能だ。


戦闘姿勢では、キャラクター変更や接続終了が出来ない



●オートターゲッティング

オートターゲッティングは、一定規則内でキャラクター正面の対象をターゲットにする。

繊細な操作を考慮して、ターゲッティング範囲は比較的狭い。

「B&S モード」 では、ターゲットインジケーターが常にキャラクター正面に表示されるが、
「クラシックモード」 では、マウスを押している間にだけ表示される。

 - キャラクターの攻撃範囲内に対象が入って来れば、ターゲットに指定される。
 - ターゲッティング指定対象は、範囲から脱しても、暫くの間はターゲットが維持される。
 - 商人等、好意的な NPC は、オートターゲッティング対象にならない。
 - 多数の対象がいる時には、一番近い対象をターゲットする。


多数の対象がいても、願う目標を手軽く選択する事が出来る



●戦闘の流れ

戦闘は、一般的に以下の流れの繰り返しだと言える。

戦闘が進行されれば、「一般姿勢」 から 「戦闘姿勢」 に変更される。
姿勢によって何種類かの差異がある為、キャラクターの姿勢を確認して、
適切な行動を取らなければならない。

戦闘の流れは、以下段階の通りだ。


1)目標確認、及び、戦闘スタート

 攻撃する対象を把握して、武功を使う事が出来る距離まで近付く。
 周辺に遠距離攻撃武器(爆弾等)があれば、これを手に取り対象を向けて投げたり、
 武功を使って対象を攻撃したり、先攻対象の認識範囲まで近付けば、戦闘が始まる。


ターゲット対象を先に攻撃したり


対象の認識範囲内に近付けば、戦闘が開始される。


2)戦闘進行

 攻撃姿勢で対象との攻撃と防御、反撃を通じて、戦闘を進行する。
 対象の HP を全てなくせば戦闘勝利、反対の状況なら敗北!


対象を攻撃して HP を全てなくせば戦闘に勝利!


その反対状況になれば、脱力状態に陥る。


3)回復、及び、復活

 対象がドロップした戦利品を手に入れた後、また他の対象を探して移動。
 料理や再生薬を利用して、キャラクターの HP を回復。
 気力が尽きた場合、運気調速や復活を通じて、キャラクターの HP を回復。

 ※注意 : 運気調速中に打撃を受ければ、キャラクターが死亡する様になります。


安全な場所で料理を利用して、HP を回復しよう


脱力状態に陥ったら、運気調速で HP を回復しよう



●アイテム使用方法

戦闘中、「爆弾箱」 の様なオブジェクトや、モンスターが落とす鈴の様な物を取り上げて、
ターゲットした対象に向けて投げ付ける事が出来る。

投げられるアイテムが落ちたら 「持ち上げる」 が活性化されて、
「投げる」 を押して対象に向かって、アイテムを投げる事が可能だ。
爆弾や鈴の様な道具は、一定時間の間取らなければ消えてしまう。
(ターゲットが居なくても投げる事は出来るので、時間制限があるアイテムは早く投げよう)


爆弾の様な道具が落ちたら、持ち上げるアイコンが表示される。


爆弾を持った後、対象をターゲットすれば、爆弾を投げるアイコンが活性化される。



●武功使用方法


Blade&Soul は、各職業が習得した武功を活用して、戦闘が進行される。

キャラクターが成長する事により、習得した武功は短縮ウインドウに自動登録される。

短縮ウインドウに登録される武功は職業毎に異なり、
該当の短縮ウインドウに対応する武功を学ばなければ、閉ざされた状態で表示される。

短縮ウインドウで活性化された武功に当たるキーを押せば武功が発動されて、
特定条件を満足させる場合にだけ使う事が出来る武功は、非活性化される。


キャラクターが武功を習得すれば、自動的に短縮ウインドウに登録される。
(1,2,3,4 に武功スキルが入っていく)


短縮キーに対応する武功を習得すると、短縮キーが拡張される。
(Z,X,C,V が追加された様子)



・状況による短縮キーの変化

ショートカットキー 「R」,「F」 または、「マウス左クリック」,「マウス右クリック」 で使う武功の場合、
状況によってアイテムを拾ったり、
アクションを行う為、該当の武功に関連するショートカットキーへと変更される。

アクションと武功を共に共有する短縮キーを、ゲーム内では 「コンテキストスロット」 と呼ぶ。


右側から左側にアイコンを押し出す様に、
状況によるアクションによって自然にアイコンが変更される。


短縮ウインドウは、各職業固有の姿勢やアクションによって、スロット全体の武功、または、
アクションが変更される。

例えば 「剣術士」 は、一般的な剣術以外にも、
護剣術や抜刀術の様に、独特な戦闘姿勢を持っている。

姿勢が変更されれば短縮ウインドウは、
該当の姿勢で使う事が出来る武功で構成された短縮ウインドウへと自動的に変更される。


剣術姿勢で使う事が出来る武功スロッから


抜刀術姿勢に変更されれば、武功スロットもそれに合わせて変更される。



●キャラクター死亡

キャラクターが HP が全て無くなると、これ以上戦闘を進行出来ない 「脱力状態」 に陷る。

脱力状態に陥ったら、80秒間は這って移動する事が出来て、
4種類ある行動の中から一つを選択する事が出来る。

脱力状態になれば武器の耐久度が一部減少するが、経験値の下落は無い。


※死亡と脱力の差

 脱力は運気調速や他プレイヤーの助けを借りて、直ちに戦場へと復帰出来る状態であり、
 死亡は降参帰還、または、復活だけ使う事が出来る状態を差す。
 運気調速中に、対象からもう一度攻撃を受けた場合は、死亡する様になる。


・運気調速

体に流れるオーラを回し、呼吸を調節する行動。
20秒間運気調速を行えば、最大 HP の 70% の状態でその場復活する。


脱力状態の時、運気調速アイコンを選択すれば


その場で運気調速に入る。


・救助要請

周辺にいる他プレイヤーに助けを要請する。
キャラクター周辺にいるプレイヤーチャットウインドウに、救助要請メッセージが表示される。


救助要請アイコンを選択すれば


片手をあげて周辺にいるプレイヤーに救助を要請する。


死亡したキャラクター周辺に近寄れば、アクションキーに 「復活させる」 項目が活性化される。
この時 「復活させる」 を選択すれば、20秒後に死亡したキャラクターが復活する。
「復活させる」 は運気調速とは違い、最大 HP は 10% だけ回復して復活する様になる。


「復活させる」 は HP 回復 10% だが、運気調速の様にその場復活する事が出来る。


・降参帰還

勢力衣装を着ている場合にだけ活性化される脱力時メニュー。
最大 HP は 100%、衣装を脱いだ状態で、一番近くの村から復活する。
他勢力の被害を防ぐ為、衣装を脱いで復活するので、宝貝効果は適用されない。


勢力衣装を着ていたら、降参帰還を選択しよう


きまりの悪い姿で復活するが、安全は保障される。


・復活

最大 HP 100% 状態で、一番近くの村から復活する。


運気調速を使いにくければ、復活を選択しよう


光が消滅する様に消えた後、村で復活する。

投稿者 (む) : 2014年2月16日 01:09

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る