レベル 50 熱気と冷気の調和、提燈雪人との戦闘!雪人の洞窟 攻略
●他サイトヘッドライン
« 7月 23日追加アップデート案内 | メイン | 韓国、7月 30日に 「門派衣装システム」 アップデートか? »

2014年7月24日

レベル 50 熱気と冷気の調和、提燈雪人との戦闘!雪人の洞窟 攻略 [ BnS - ダンジョン攻略 ]

雪人の洞窟は、白青山脈の北方雪原に位置した英雄級ダンジョンで、
すぐ側にある他の英雄級ダンジョンである鬼門館の悪夢と等しいレベル
及び、性能のアイテムを得る事が出来る場所だ。

力強いツバデ,雪人捕獲隊長,提燈雪人と総 3匹のボスモンスターが
存在しており、最後のボスモンスターである提燈雪人との戦闘にて、
注意しなければならない点が多いのが特徴だ。

ダンジョン自体の全体的な長さは短く、1,2番目ボスモンスターとの
戦闘も非常に簡単な方だから、早い場合は約 5 ~ 10分程度にて
入場から提燈雪人まで処置する事が可能だ。

6人功労賞を通じては、攻撃力 277 の英雄級武器を 100% 確率で
獲得する事が出来るし、クリティカルを主としてセッティングが可能な
雪人宝貝をランダムにて 1個ずつ得る事が出来る。

4人功労賞では、英雄級指輪と頭飾り雪原毛帽子をランダム確率で
得る事が出来る。

inven





※記事内容の攻略は 1例であり、様々な攻略方法がある事をご了承ください。



●攻略記事の見方
・攻略記事は段階別の詳細な攻撃方法と、それに対する攻略方法が記載されています。
ページの後半には要点だけまとめた項目がありますので参考にして下さい。
ページの最後には攻略動画が掲載されています。



 - 位置 : 白青山脈 北方雪原 運命の分かれ道

 - ボス : 力強いツバロ,雪人捕獲隊長,提燈雪人

 - クエスト :
  = [洞窟の主人](アトラクション) / 報酬 : 提燈雪人 6人(4人)戦利品
  = [姫を助けて](デイリー) / 報酬 : ナル国の銀貨,白青山脈の鍵,雪人の洞窟功労賞

 - 特徴 :
  = 雪人の洞窟は、鬼門館の悪夢と共に白青山脈に存在する英雄級ダンジョンで、
    50 レベルという条件と、「現談大使の書信」 を完了した後、村にて関連クエストを受ければ
    入場する事が出来る。

    「現談大使の書信」 は、白青山脈濁気窟の万霊キョンシー,
    緑林盗宝物倉庫の波止場領ムスパル,復活の祭壇の死魔王后と刃鱗サルミョサ,
    古代竜の墓にいる古代巨竜を倒せば完了して、村で受ける英雄級ダンジョン入場クエストは、
    雪人の洞窟入口にいる NPC と対話すれば完了し、デイリークエストへと繋がる。



●独特の落とし穴区間を突破せよ!ひび割れた雪玉&洞窟キノコ区域

雪人の洞窟にはそこまで多くのモンスターは存在していないが、
易しい移動を邪魔する落とし穴区間が総 3箇所 存在している。

上り坂で構成されている落とし穴区間では、ひび割れた雪玉が続けて転がって来たり、
角中間に位置した洞窟キノコがターゲット対象に吸功を使って移動を邪魔して来たり、
悪童雪人が弛まず生成されたりする。

ひび割れた雪玉は、道の約 50% を占める程に大きな図体を誇る。
もし雪玉に轢かれる様になれば、約 2,500 ダメージと共にダウン効果を与えて、
移動を邪魔してくる。
上り坂頂上にある雪玉制御トーテムを破壊すれば、これ以上生成されない特徴を持っている。

ひび割れた雪玉は、上り坂を見た視点基準で、左側 → 中央 → 右側の順に生成されて、
約 4秒毎に一つずつ転がって来るので、参考にしよう。


ひび割れた雪玉が転がって来る。位置を予め把握する事も重要だ。


この区間で一番面倒な存在は洞窟キノコだ。
攻撃力は低いが、ターゲット対象が遠くにいると吸功する捕獲を使用してくる。
戦闘状態の走りでは、捕獲の距離を脱する事が出来ないので、注意する様にしよう。

落とし穴区間では、洞窟キノコを避けつつ上り坂を上がって、
雪玉制御トーテムを最大限素早く破壊する事が重要だ。

方法は多くの方法が存在するので、パーティーの特性によって選んで使えば良い。
どんな方法でも、一般モンスターである悪童雪人から大きなダメージを食らう事は無いし、
雪玉制御トーテムを破壊すれば全て消えるので、基本無視しても良い。


※落とし穴区間突破方法の例

1.私を踏んで超えてゆけ!1人当たり 1キノコ

 角には総 3体の洞窟キノコが存在する為、先導するパーティー員 3人が吸功されて、
 捕獲に掛からない残りのパーティー員が素早く坂を上がって雪玉制御トーテムを破壊する。
 洞窟キノコは HP 30,900 であり、50 レベルキャラクター 1人でも充分に処置可能だ。


2.私たちは一人!全パーティー員が一緒に動く方法

 全パーティー員が洞窟キノコをひとつひとつきちんと倒しながら上がっていく方法。
 洞窟キノコを片付ける速度が素早いという長所がある。


3.個人技は基本。各々が抵抗技を活用してキノコを無視

 洞窟キノコは無条件無視。捕獲は各々が持っている抵抗技で無視して、強引に上る。


洞窟キノコ 2匹に認識されると酷いキャッチボールになるので気を付けよう。



●一番目ボスモンスター 「力強いツバロ」

力強いツバロは、雪人の洞窟入場後、
一番目キノコ地域をパスすれば、すぐに出会う事が出来る。

力強いツバロは、最初部屋中央にある氷柱の上にのぼっており、
攻撃をする為には微風雪人がドロップする小さな雪玉を活用して、
力強いツバロを地面に落とさなければならない。

一般モンスターである微風雪人は死ぬ時に小さな雪玉一つをドロップする。
これを拾って(ショートカット F キー)力強いツバロに投げれば良い。

小さな雪玉に当たった力強いツバロは 6秒間持続する凍傷デバフに掛かる様になって、
凍傷デバフが 3重複になれば、氷結デバフに変わり、こんな風に硬直を与えてみると、
グロッキー状態になって地面へと落ちる。

微風雪人は HP 1,530 で、約 300 ~ 500 程のダメージだけを与えてくるので、
簡単に処置する事が可能だ。
微風雪人は決まった時間を置いて続いて生成されるが、力強いツバロを倒せば、
全ての微風雪人は消える様になる。
地面に落ちた小さな雪玉は、約 18秒経つと消えてしまうので、気を付ける様にしよう。


モンスターを倒して地面に落ちた小さな雪玉を拾って投げる。


 - 雪投げ :
  = 大きな雪をターゲット対象者に投げる。柱の上にいる時だけ使用。
    的中時、ダウンする。

 - 引っ掻く :
  = 二度素早く振り回す。

 - 拍手する :
  = 両手で正面 180度に向かい、拍手を打つ様に攻撃する。

 - 打ち下ろす :
  = 両手を組んで地面に打ち下ろし、力強いツバロ周辺の全対象を攻撃する。
    的中時、ダウンする。

 - 上げ打撃 :
  = 地を掻く様な動作で攻撃。
    的中時、ノックバックする。


・柱の上にいる時

力強いツバロはターゲット対象者に大きな雪玉を投げるスキルを使う。
雪投げは約 6,000 程のダメージを与えて、ダウン効果を一緒に伴うが、
雪玉が飛んで来る時間が思ったより遅い事と、その場に留まらずに続けて移動すれば、
難しくない様に回避する事が可能だ。

雪投げは広域効果を持っている為、ターゲット対象者だけで無く、
他のパーティー員たちも大きな雪玉が飛んで来る地点は避ける様にしよう。

また、柱の近くに行くと天井から氷柱が落ちてくる。
氷柱に当たると約 4,000 ダメージと共に、ノックバック効果が発生する為、
なるべくなら柱には近付かない方が良い。


柱の上でターゲット対象者に大きな雪玉を投げる。


・柱の上から落ちた時

 - 攻撃パターン :
  「引っ掻く x 2」 → 「拍手する」 → 「打ち下ろす」 → 「上げ打撃」


力強いツバロは、提燈雪人の一般攻撃と似ているパターンを使用してくる。
ダメージ量自体はそこまで高くない為、大きな被害無しに戦闘を進行する事が可能だ。

攻撃の手始めとなる引っ掻くは、ターゲット対象者を素早く 2回攻撃する為、
連続ダメージに気を付ける様にしよう。
拍手するは両腕を後ろに伸ばす様な準備動作が長い為に把握が易しいが、
力強いツバロ前方 180度内にいる全対象を攻撃する為、
なるべくなら裏側に立って攻撃するのが安全だ。

一番注意しなければならないスキルは、二つの拳を組んで地を強打する打ち下ろすだ。
他の攻撃と違って防御不可能で、力強いツバロ周辺に位置した全対象を攻撃する特性がある。

また、約 4,000 程のダメージと共に、ダウン効果を伴うので、
力強いツバロが両手を空に上げたら、暫くは後ろに回避するとか、
地面に打ち下ろすタイミングで抵抗技を使う様にしよう。


防御不可能な打ち下ろしにだけ注意すれば、全攻撃を防いで戦闘を進行可能だ。


上げ打撃はターゲット対象者だけ攻撃するが、ノックバック効果を伴う。
防御可能で、上げ打撃を使った後は、また引っ掻くからの攻撃パターンを引き続く。

HP も高い方では無く、全ての攻撃も脅迫的では無くて、
地面に落ちた瞬間から集中攻撃すれば、易しく攻略する事が可能だ。

また、合わせ技も何時でも可能だから、掴み上げや吸功を活用する事も良い。
なお、力強いツバロはターゲット対象者が約 10m 以上離れていれば、
ジャンプで近付いてくるが、後述の提燈雪人のジャンプと違って防御可能だ。


・力強いツバロとの戦闘要約 TIP

 - 微風雪人を倒した後、小さな雪玉を拾って、力強いツバロに投げよう。

 - 微風雪人の攻撃は脅迫的では無い為、最初から最後まで無視!

 - 雪投げで投げてくる大きい雪玉は結構痛いので、ずっと移動する事が重要。

 - 地面に落ちた力強いツバロに素早く近付いて、火力を集中しよう。

 - 遠距離攻撃を主とする魔道士の場合、柱の上にいる力強いツバロを攻撃する事が可能だ。



●二体目のボスモンスター!雪人捕獲隊長

二番目の落とし穴区間を突破した後、小さな部屋にいる雪人捕獲師一体と、
雪人屠殺者二体を片付ければ、雪人捕獲隊長がいる大きな部屋に到着する様になる。

雪人捕獲隊長との戦闘前、必ず気を付けなければならない点がある!
周辺にいる全ての一般モンスターは、生存していると雪人捕獲隊長との戦闘で同時参加してくる為、
何らの考え無しに雪人捕獲隊長を攻撃した瞬間、18匹の一般モンスターが自分を攻撃してくる
阿鼻叫喚を経験する様になる。

一般モンスターは 3匹ずつ 6群れで、総 18匹が存在する。
団結している 3匹だけ認識範囲を共有するので、
1 ~ 2群れずつ先に倒す方式で整理すれば良い。

雪人追跡者と屠殺者は 9m 以上遠くなると遠距離攻撃をしてくる。
壁際に隠れる方式を利用して、近くへと誘引する事が可能だ。


壁際に立っていれば、より安全に引っぱる事が出来る。


多くのモンスターが交じっている時、一番気を付けなければならない事は、雪人追跡者の存在だ。
氷柱と冷気放出という二つのスキルを使用してきて、氷柱の場合は防御不可能な範囲型攻撃で、
冷気放出は防御可能だが的中時移動、及び、行動が不可能な急冷デバフに掛かる様になる。

急冷デバフは、氷結冬華の様に全攻撃を抵抗する事が出来る状態では無い為、
他モンスターの攻撃に対して無防備を露出してしまうので、大きく注意する様にしよう。
急冷デバフは 6秒間持続されて、中間に攻撃を受ければデバフは解除される。


もう一つ気を付けなければならない点がある。
ターゲット対象者が 9m 以上離れている時、雪人追跡者は約 3,000 ダメージを与える氷爆弾を、
雪人屠殺者は約 1,500 ダメージを与える氷投げを使うという事だ。

二つの攻撃はどちらも防御不可能な為、他モンスターに注意を払っている途中、
遠距離攻撃で大ダメージを受けてしまう可能性がある為、
雪人追跡者と屠殺者のターゲットを獲得した状態なら、最大限近付くか、
8m 程度の距離を維持しながら引いて来る方法を使う様にしよう。


多数のモンスターが交じっている時、雪人追跡者は恐怖の対象になる可能性がある。


 - 振り回す :
  = 大きく二度振り回して攻撃。準備動作は大きいが、攻撃速度は早い。

 - 回転斬り :
  = 大きく二度振り回して攻撃。前方にいる全ての対象を攻撃する。
    的中時、ダウンする。

 - 咆哮 :
  = 吠えて周辺にいる全ての対象を攻撃する。
    的中時、凍傷になる。

 - 突進 :
  = ターゲット対象者に突進する。HP 50,000 以下になると使用。
    的中時、ダウンする。

 - 踏む :
  = 突進によってダウンした対象に使用。


 - 攻撃パターン
  = 振り回す → 回転斬り → 咆哮


雪人捕獲隊長が使う一般攻撃の特徴は、一回の攻撃が 2回連続攻撃が主だという事だ。
攻撃準備動作が大きい為、事前把握する事は易しいが、
連続攻撃の速度は素早い方なので、同じ場所に立って攻撃を防ぐ場合、
2連続攻撃を全て防ぐ覚悟をしなければならない。
もし、最高ターゲット対象者が 9m 以上離れていれば、ジャンプ後に攻撃してくる。
これは防御不可能だ。

回転斬りの一回目攻撃は一般的なダメージだけ与えるが、
二回目攻撃はダウン効果を一緒に伴う。
そして、その後使用してくる咆哮は、雪人捕獲隊長から約 5m 距離内にいる全対象を攻撃する。
防御は不可能で、移動速度減少、及び、移動武功を使う事が出来ない凍傷効果に掛かる様になる。


防御不可能な攻撃が多数存在するが、低い HP 等により易しく倒す事が可能だ。


戦闘中、雪人捕獲隊長の HP が 50,000 以下まで減少すると、
既存使った攻撃パターンを全て中止して、ひたすら突進だけ使うパターンに変更される。

突進は防御不可能で、ダウン効果も伴う為、打撃した瞬間に抵抗する事が重要だ。
もし、突進によってダウン状態になれば、雪人捕獲隊長はダウンした対象に踏む攻撃をする。
突進は約 3,300 ダメージで、踏むは約 2,200 ダメージを与える。


なお、戦闘開始から 1分 が経過すると、
北に繋がっている狭い路地から約 30匹の悪童雪人が登場する。
落とし穴コースで向い合った悪童雪人と等しく、簡単に処置する事が可能なので、
広域攻撃の可能な職業が担当しつつ、素早く処理すれば、大きな被害無しに整理可能だ。


・雪人捕獲隊長との戦闘要約 TIP

 - 戦闘前に周辺にいる全ての一般モンスターを整理する事。

 - 咆哮だけ防御不可。

 - 戦闘開始から 1分経てば、約 30匹の悪童雪人が登場するが、簡単に処理可能。

 - HP が 50,000 以下になると、防御不可能な突進だけ使用してくる。


6 vs 30 の戦闘。しかし、悪童雪人は非常に弱い。



●ラストボスモンスター!提燈雪人

雪人の洞窟で会える最後のボス提燈雪人は、
割と易しく攻略が可能だった力強いツバロ、及び、雪人捕獲隊長と比べて、
10倍以上高い HP を保有しており、唯一 6分 50秒程度のタイムアタックという
戦闘制限時間が掛かっている。

また、一般的な攻撃以外に、提燈雪人が保有している HP 数値によってパターンが変化して、
熱気を吸収する時を 1フェーズ、冷気を吸収する時を 2フェーズと区分する事が出来る。

各フェーズ別に対応方法が完全に変化する為、状況による行動パターンを予め把握しておけば、
大きな無理も無く攻略を成功させる事が出来るでしょう。

 - 振り回す :
  = 右手と左手で一回ずつ、大きく二度振り回して攻撃。攻撃速度が早い。

 - 拍手する :
  = 両手で拍手する様に攻撃。前方 180度範囲中の全対象を攻撃する。
    的中時、気絶する。

 - 尻餠 :
  = 元の場所からジャンプして走って攻撃。滞空時間が非常に短い。
    的中時、ダウンする。

 - 上げ打撃 :
  = 右手で地面を掻く様に早く攻撃する。
    的中時、ノックバックする。

 - 襲う :
  = 遠距離にいる対象に向かってジャンプして走り攻撃。
    的中時、ダウンする。

 - 熱気吸収 :
  = 全対象を引き寄せて、低体温症デバフを掛ける。
    的中時、グロッキーになる。

 - 低体温症 :
  = 熱気吸収による効果で、20秒が経つと冷凍状態になる。
    移動速度減少。

 - ひったくる :
  = 熱気を吸収した後、ターゲット対象者を取って投げる。熱気 2重複 獲得可能。
    掴み上げされる。

 - 冷凍状態 :
  = 10秒間、行動不能状態になって、冷凍状態で凍破地震に当たると、
    ダメージが増加する様になる。重複が多いほどダメージ量も増加する(最大 10重複)
    行動不可。

 - 凍破地震 :
  = 空中に飛んだ後、両手で地面を打ち下ろして全体広域攻撃をする。
    冷凍状態デバフ重複が多いほどダメージが増加する様になる(最大 10重複)
    的中時、ダウンする。

 - 冷気吸収 :
  = 地面に残っている冷気床の数だけ、冷気を吸収する。

 - 広域冷凍状態 :
  = 吸収した冷気のエッセンスだけ、広域冷凍状態攻撃を使用する。
    的中時、行動不可。

 - 地団駄 :
  = 地団駄をを踏んで、天井にある氷柱を落とす。
    落ちた氷柱は冷気床になり、上に乗ると直ちに冷凍状態になる。
    もし、冷気床が残っている状態で、提燈雪人が冷気吸収をすれば、
    残っている床の数だけエッセンスとして充電される様になる。


・一般攻撃パターン、単純だが威力的!

 - 攻撃パターン :
  = 振り回す → 拍手する → 尻餠 → 上げ打撃


戦闘開始後から終了まで提燈雪人が使う一般的な攻撃パターンは、非常に単純だ。
初攻撃となる振り回すは、右手と左手を交互に素早く 2回攻撃して、
繋がる拍手するは、両手を後ろに伸ばして力を合わせる様な事前動作が長く、
攻撃する瞬間を把握しやすい。
ただ、拍手するを食らうと気絶に掛かる点は注意する様にしよう。


拍手するを使った後、提燈雪人は元の場所から短くジャンプして攻撃する尻餠を使う。
一般攻撃パターン中、唯一防御不可能な攻撃で、ダウン効果も一緒に伴う為、
提燈雪人がジャンプして走る前に少し遠く離れるか、着地瞬間を狙って抵抗技を使おう。


上げ打撃は右手で地面を掻く様に攻撃して、
準備動作は大きいが、攻撃モーション自体は非常に早い。
防御が遅れるとノックバック効果で戦闘の流れが変わるので、注意する様にしよう。


たまに拍手するの後、後ろに歩いていって距離を開けた後、
ターゲット対象者に対してジャンプを行って攻撃する襲うを使う時がある。
襲うは尻餠の様にダウン効果を伴う防御不可攻撃だ。

もし、距離を開けた提燈雪人にターゲット対象者が直ちに距離を狭めれば、
襲うでは無く上げ打撃を使う様になり、襲う、或いは、上げ打撃を使った後には、
また振り回すのパターン攻撃を引き続ける様になる。


広域攻撃である尻餠と襲うにだけ気を付ければ、一般パターン自体は難しくない。



・「熱気吸収パターン」 熱気で低体温症を解除しよう

 - 攻撃パターン :
  = 熱気吸収 → ひったくる → 跳躍突き x 3 → 凍破地震


熱気吸収パターンで一番重要な事は、100% 確率で掛かる低体温症を、
凍破地震を使う前までに熱気バフで解除する事だ。

提燈雪人の HP が約 2,850,000 になれば、中央にジャンプして移動した後、
熱気を吸収する独特のスキルを使い始める。

熱気吸収パターンは 2,850,000 時を始まりに冷気を吸収する 2フェーズ前まで、
約 600,000 ほどの HP が減少する度に使用してくる為、
2,850,000 / 2,250,000 / 1,600,000 の時に合わせて総 3回 使用してくる。

提燈雪人が中央に移動したら、提燈雪人が周辺の熱気を吸収します。という文言と共に、
約 2秒間 熱気を充電する。
熱気を吸収する瞬間には、全対象を引き寄せて約 3秒間持続するグロッキー状態と共に、
低体温症というデバフを与えてくるという 3セット効果を行ってくる。

この時、抵抗技を使えば引き寄せとグロッキーを無視する事は出来るが、
どんなスキルを使っても低体温症デバフを抵抗する事は不可能だ。


低体温症デバフに掛かると移動速度が減少して、20秒後は強制的に冷凍状態になる。
冷凍状態になると、抵抗技、及び、氷結冬華の様な効果でも防ぐ事が出来ない。

もし、冷凍状態になった状態で熱気吸収パターン中、終わりに使う凍破地震を食らえば、
即死も可能な位のダメージを受ける様になる。


こんな状況になれば生かしてくれと願うしか無い。


低体温症デバフを解除する方法は、まさに熱気バフだ。

熱気バフを受ける方法は二つだけ存在する。
一つは提燈雪人のひったくるを食らう事と、その周辺に立っている事であり、
もう一つは提燈雪人が凍破地震を使った場所に生成される熱気を受ける方法だ。

熱気は低体温症を解いてくれる効果以外に、攻撃力が大きく上昇する効果も伴う。
10秒間持続して、最大 5重複まで可能だから、熱気を受ける事が出来る瞬間には、
最大限多くの重複を積んで、攻撃力上昇効果まで享受する様にしよう。


熱気が見えたら無条件近付こう。


・熱気バフの獲得方法その1.ターゲット対象者から獲得する

 熱気を吸収した提燈雪人は、最高ターゲット対象者を引っつかんだ後、
 12m ほどぶん投げるひったくるを使用する。
 このターゲット対象者をしっかり握って捕まえた瞬間、
 提燈雪人から溢れる熱気のおかげで、熱気バフを自然に獲得する事が出来る。

 こんな風に獲得した熱気バフは、提燈雪人から脱した瞬間から、
 ノックバックによって横になっているうちに、近くにいる他パーティー員へと伝達が可能だ。

 即ち、ターゲット対象者以外の他パーティー員は、
 ひったくるを食らって遠くに飛んだ対象周辺に集まって、手早く熱気バフを受けて、
 低体温症デバフを解除する事が出来る。

 ひったくるを使った提燈雪人は、ターゲット対象者に向かって大ジャンプする攻撃を使うので、
 熱気バフを受けたら直ぐにその場を離れて、提燈雪人が着地する所から離れておこう。

 なお、ターゲット対象者がひったくるを食らってノックバックにあった後、
 約 3秒間ダウン状態が維持される。
 ダウン状態である時にだけ、他パーティー員に対して熱気バフを配る事が出来る為、
 ノックバック後に直ぐ起き上がる事は禁物だ!

 ダウン状態は 3秒間維持されて、提燈雪人はひったくる後 4秒後に攻撃してくる。
 自然に起きるや否や抵抗技を使えば回避は可能なので、大きく心配しなくても良い。

 もし、ひったくるタイミングでターゲット対象者が抵抗技を使ったり、
 提燈雪人から約 5m 以上離れていれば、熱気を受ける事は出来なくなる。


ひったくるを食らえば熱気バフ 2重複がサービス。


・熱気バフ獲得方法その2.合わせ技で跳躍突きを中断しよう

ひったくるパターンを活用する方法で熱気を得る事が出来なかったら、
跳躍突きを中間で中断させて、凍破地震をいつもより早く使う様にする方法を活用しよう。

ひったくるを使った提燈雪人は、3回連続で跳躍突きを使う。
低体温症に掛かった状態だと移動速度が減少しているが、
跳躍突きの滞空時間自体は長い為、これを回避する事自体は難しい訳では無い。

ただ、跳躍突きを 3回全て眺めてしまうと、低体温症に掛かってから 20秒を超えてしまい、
冷凍状態が発動、繋がる凍破地震によって即死という切ない瞬間を迎える事が出来る。


これを回避する為、合わせ技を使おう。
普段は状態異常効果を無視する提燈雪人だが、ジャンプ関連攻撃をする瞬間は、
全ての状態異常効果を寛大に許容してくれるという有り難い特徴を持っている。

合わせ技を使う一番最適なタイミングは、一番目の跳躍突きで着地した直後、或いは、
ジャンプしようと準備して、ジャンプする瞬間だ。
合わせ技によって跳躍突きパターンを阻止された提燈雪人は、すぐ凍破地震を使用するが、
凍破地震によって割れた地面の間に流れ出る熱気を食らえば、
安全に熱気バフを受けて、低体温症を解除する事が出来る。


凍破地震は抵抗技などで回避する事が出来るし、
氷結状態では無い時の凍破地震自体のダメージは大きくない方だから、心配しなくても良い。

ただ、一番目の跳躍突き後、次の跳躍突きの使用を防ぐ事が出来なければ、
低体温症に掛かった後、20秒中に凍破地震を見る事が出来ない状態になる可能性がある。
戦闘開始前、どんな状態異常効果を使うか、予め相談しておく事も重要だ。


地面から出る熱気は、大部分凍破地震を使った提燈雪人の裏手に生成される。
凍破地震を安全に回避する為、躊躇わずに提燈雪人の尻付近へと一団になって集まろう。


一回目の跳躍突きが着地したら、遅れない様に合わせ技を使おう。


・「冷気吸収パターン」 提燈雪人のエッセンス吸収は禁物!

 - 攻撃パターン :
  = 冷気吸収 → 広域冷凍状態(吸収した冷気エッセンス分連続詠唱) → 凍破地震 → 地団駄


熱気吸収パターンを総 3回使った後、HP が約 1,300,000 以下になると、
中央にジャンプして冷気吸収パターンを使い始める。

冷凍状態 → 凍破地震のコンボを避けるのは熱気吸収時と等しいが、
低体温症の様に 20秒の猶予時間を与える訳では無く、
冷気を吸収した提燈雪人が広域で直ちに冷凍状態を付与するという、
さらに危ない方法を使用してくるのが特徴だ。

2フェーズ突入後、初攻撃で使う冷気吸収は、
熱気を吸収する時と等しい動作を見せてくれるが、
何らの効果が無いので安心して攻撃を引き続けよう。

気を付けなければならないのは、冷気吸収後 5秒後に使う広域冷凍状態だ。
全対象に対して強制的に冷凍状態を付与して、以後大きなダメージを伴う凍破地震を
直ぐに使用してくる為、冷気吸収パターンでの一番危ない瞬間と思えば良い。

しかし、熱気吸収パターンで経験した低体温症による冷凍状態は抵抗自体不可能だったが、
冷気吸収パターンで使う冷凍状態は、抵抗する事が可能だ。
従って、提燈雪人が冷気を放出するタイミングに合わせて氷結冬華を予め使用したり、
各々が持つ抵抗技を使って、冷凍状態を回避する事が重要となる。


冷凍状態になれば、繋がる凍破地震コンボでお別れを告げる様になる。


冷気吸収パターンの本格的な戦闘は、初の凍破地震を使った後から始まる。

凍破地震を使った提燈雪人は、地面で地団駄を踏む様になり、
この時天井にぶら下がっていた約 7個ほどの氷柱が地面に落ちて、
冷気の床を形成する様になる。

氷柱に当たればダメージと共にノックバックするが、
氷柱が落ちる場所は赤色の円が表示されるので、予め見て回避する事が可能だ。


氷柱が落ちた後、提燈雪人は一般攻撃パターンを引き続ける途中、
HP が決まった数値以下まで減少すれば、「周辺の冷気を吸収します。」 というメッセージと共に、
地面に残っている冷気の床を全て吸収する様になる。

この時、全ての冷気の床は消えて、その数だけエッセンスとなり、提燈雪人に充電される。


提燈雪人が冷気の床を無くしてくれるので非常に有り難くも見えるが、
これからが本当に気を付けなければならない時だ。

冷気のエッセンスを吸収した提燈雪人は、また広域冷凍状態攻撃をする様になり、
最初の時と違って吸収した冷気のエッセンスの数だけスキルを使用してくる。

即ち、8個の冷気のエッセンスを吸収したら、8回連続で攻撃してきて、
1個の冷気のエッセンスを吸収したら、たった 1回だけ広域冷凍状態攻撃をするという事。


吸収した冷気のエッセンスの数だけ広域冷凍状態攻撃を次々と使用してくる。


広域冷凍状態攻撃を終えた提燈雪人は、休む間も無しに凍破地震を使う。
冷凍状態の特性上、重複が多いほど凍破地震によるダメージが増加する為、
約 2回以上重複された状態であれば、生き長らえるという希望を捨てた方が良い。

なお、最初の広域冷凍状態攻撃は吠える様な動作を持ち、モーション自体も大きい為、
動作を見て回避する事が可能だが、二回目から次々使う広域冷凍状態攻撃は、
拳で地面を打つ様に素早い速度で使用してくる。
タイミングを合わせる事は難しく、抵抗技の再使用待機時間も帰って来ない場合が多い。


※提燈雪人が広域冷凍状態を使うタイミング

 提燈雪人が胸を打った後、空を見ながら吠えて両手を胸に集めて外へと広げる瞬間!
 以後、拳で地面を打つ時に掛かる広域冷凍状態は、
 提燈雪人が手を上げる瞬間に抵抗技を使えば、回避する事が出来る。


2回目から使う広域冷凍状態は、約 1秒間隔で使用する。


冷気吸収パターンで一番重要な事は、氷柱が落ちた後、
地面に生成された冷気の床をとり除く作業だ。

床をとり除く方法は、2つ存在する。
部屋の隅にいる氷蛇キノコを倒した後で得られる赤い玉を投げて爆破させる事と、
鋼の精神で直接床を踏んでとり除く方法だ。


1.赤い玉を投げよう!氷蛇キノコ活用法

 部屋の隅にいる氷蛇キノコは、普段は凍っている状態だが、
 提燈雪人との戦闘が始まれば氷が解けて攻撃可能な状態となり、
 6,070 の HP なので 1人でも簡単に処理する事が出来る。

 氷蛇キノコを倒せば、赤い玉一つを得る事が出来て、
 これを投げれば冷気の床を爆破させる事が可能だ。

 赤い玉が裂ける範囲中にある冷気の床は全て消えるという点を活用して、
 よく見ながら投げれば、一つの赤い玉で 2個以上の冷気の床をとり除く事が出来る。


赤い玉を冷気の床に向かって投げれば OK!


2.隅まで走らない!私の体で防ぐ!

 冷気の床を身体一つで無くす方法。
 冷気の床の上に乗れば、即時冷気の床は消えて無くなり、
 該当範囲にいるキャラクターは冷凍状態になり、10秒間どんな行動も出来なくなる。

 冷凍状態の為、以後の冷気吸収 → 凍破地震コンボで危ないと思うかも知れないが、
 氷柱の落ちた後、床に生成されるや否や踏めば、各スキルのディレイによって、
 冷凍状態が持続する 10秒中は凍破地震を使わないという点を活用する方法だ。

 冷凍状態では行動不可能だが、何らの攻撃も受けなくなる為、地団駄を踏んだ後、
 一般攻撃パターンを引き続く提燈雪人のターゲット対象者が床を踏んで、
 ダメージを最小化しながら耐える事も、良い活用法になる事が出来る。


床を踏んで予め冷凍状態になる方法も可能だ。


冷気吸収を使うタイミングは、提燈雪人の HP が、
約 1,300,000 / 950,000 / 650,000 / 350,000 以下の時。
この時になれば、全ての行動を中止して、部屋中央にジャンプした後、冷気吸収を使う。

最初の冷気吸収を使うタイミングである HP 1,300,000 区間は冷気の床は存在しないが、
以後冷気吸収パターン前には必ず地団駄を使って、約 7個ほどの冷気の床が生成された
状態になる事を覚えておこう。


一番安全に冷気吸収パターンを攻略したければ、
提燈雪人が地団駄をした時の HP を先に確認して、
約 1,000,000 / 700,000 / 400,000 の HP になる前まで攻撃しながら、
全ての冷気床を爆破させる様にしよう。
全ての冷気床が消えた事を確認した後で攻撃をして、冷気吸収パターンを使う様にするのだ。

全ての冷気床をとり除いたと言っても、提燈雪人は最小 1回は広域冷凍状態スキルを使う。
つまり、冷気床は 1個あっても全て無くても 1回は広域冷凍状態攻撃を使ってくるので、
敢えて全ての床を無くすのでは無く、1個は残されていても問題無い。


もし、提燈雪人が冷気のエッセンスを 2個以上吸収してしまったら、
広域冷凍状態スキルを連続で使うパターンに備えなければならない。
魔道士の氷結冬華,拳闘士の寒気波動,召喚士のタンポポの種の様な、
パーティー保護型スキルと共に、各々が保有している抵抗技を積極的に活用して、
凍破地震まで無事に越える様にしよう。


冷気を吸収しようと中央にジャンプする時、残っている床の数が重要だ!


もし、パーティー員の攻撃力が良くて、短時間内に火力を集中する事が出来るなら、
最初の地団駄の後、広域冷凍状態攻撃を見ない方式でも攻略は可能だ。

この場合は最初に使う広域冷凍状態に掛からない事が重要であり、
地団駄の後に繋がる広域冷凍状態が出る前に、提燈雪人を倒さなければならない。

もし、地団駄の後、広域冷凍状態を使う前に提燈雪人を倒すのが難しいと判断されたら、
冷気の床に各々一つずつ乗って無くす方法を活用する様にしよう。


・提燈雪人との戦闘要約 TIP

 - 熱気を吸収するタイミングは抵抗が可能だ。

 - ターゲット対象者が提燈雪人に捕まったら、投げられる方に付いて行って熱気を受けよう。

 - 最初の跳躍突きを見た後で合わせ技を使い、動作を止めれば凍破地震をすぐ使う。

 - 最初の跳躍突き後、合わせ技で動作を切ったら、掴み上げや吸功を使っても良い。

 - 攻撃力増加!炎の床が見えたら無条件乗って熱気を受けよう!

 - 冷凍状態では無い時に当たる凍破地震は、本当に痛くない。

 - 最初の冷気吸収モーションは何らの効果が無い。そのまま攻撃しよう。

 - 冷気吸収をした後、吠える様な動作は無条件抵抗しよう。
  回避する事が出来ない冷凍状態になる。

 - 空から氷柱が落ちたら、その場所を避けた後、赤い玉やその身で爆破させよう。

 - 提燈雪人が冷気のエッセンスを 2個以上吸収したとメッセージが見えたら、緊張しよう。

 - 広域冷凍状態パターンの時、寒気波動,氷結冬華,タンポポの種を積極活用しよう。



●熱気から冷気を経てタイムアタック直前まで、提燈雪人との戦闘映像



●提燈雪人 6人戦利品の主要アイテム

・提燈雪人武器
 - 攻撃力 : 277 (10段階 : 332)
 - オプション : 防御 176 / 最大HP 740 (10段階 : 防御 210,HP 900)
 - 特殊 オプション (以下の中からランダム) :
  = 攻撃時、一定確率で 12秒間 クリティカル確率 11.2% 増加
  = 攻撃時、一定確率で 12秒間 クリティカルダメージ量 16,3% 増加
  = 攻撃時、一定確率で内力 20% 回復
  = 攻撃時、一定確率で 12秒間 追加ダメージ 48 増加
  = 攻撃時、一定確率で 1100 の HP 回復


・雪人宝貝
 3セット効果 : 貫通 82 増加
 5セット効果 : 回避 248 増加
 8セット効果 : 貫通 347,クリティカル 148 増加

 - 1番 : 命中 153 ~ 219 中ランダム適用 | クリティカル,遮断,回避 : 75,94
 - 2番 : HP 1610 ~ 2300 中ランダム適用 | クリティカル,命中,防御 : 78、98
 - 3番 : 遮断 168 ~ 241 中ランダム適用 | クリティカル,命中,回避 : 81,102
 - 4番 : 回避 175 ~ 251 中ランダム適用 | クリティカル,遮断,命中 : 85,107
 - 5番 : クリティカル 189 ~ 271 中ランダム適用 | 回避,防御,命中 : 92,116
 - 6番 : 命中 197 ~ 282 中ランダム適用 | クリティカル,回避,防御 : 96,120
 - 7番 : クリティカル 204 ~ 292 中ランダム適用 | 命中,防御,遮断 : 100、125
 - 8番 : クリティカル 212 ~ 303 中ランダム適用 | 命中,防御,HP : 103、129(HP 1030,1290)



●提燈雪人 4人戦利品の主要アイテム

・雪人指輪 1段階
 - オプション(ランダム) :
  = クリティカルダメージ量 6.0% / クリティカル 381 / 防御 286
  = HP 308 / 命中 190 / クリティカルダメージ量 9.9%
  = 貫通190 / クリティカル 381 / 攻撃力 6
  = 貫通 238 / 命中 286 / 攻撃力 6
  = クリティカル 297 / 攻撃力 8 / 追加ダメージ 5

・頭飾り雪原毛帽子

投稿者 (む) : 2014年7月24日 22:35

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る