忘却の墓 「暴走大聖」 完全攻略
●他サイトヘッドライン
« 10月 21日アップデート案内※新規 ID「暁の破天成都」他実装 | トップページ | 10月 22日アップデート案内 »

2015年10月21日

忘却の墓 「暴走大聖」 完全攻略 [ BnS - ダンジョン攻略 ]

・攻略の核心は電流バフの活用
・ほぼ全パターン被撃時、火種デバフ重複

韓国公式掲示板





※記事内容の攻略は 1例であり、様々な攻略方法がある事をご了承ください。



●略式攻略

・一般モード

 - 暴走大聖の HP が 70% と 30% の時、暴走大聖は中央へと戻り、
  注視に対して電流を 1回ずつ、計 2回 放ってくる。
  この 2回の電流を、注視 + 1人ずつで毎回受ける様にすれば、ダメージを受けない様にできる。

 - 70% 時は一番遠距離が注視となり、30% の時は一番近距離が注視になる。

 - 電流は 2発分のダメージ判定があり、
  注視 + 1人ずつで受ける事で 1発ずつに分散させる事ができる。

 - 電流が 2重複すると、最大 HP の 50% ダメージを受けるので注意!

 - 70% と 30% 以外でジャンプしたら特殊攻撃の合図。
  頭に数字が付いたら外郭へ移動して、カウント 1 になったら爆発を抵抗しよう。
  その後、暴走大聖はダメージ床を投げてくるので、そのまま外郭にダメージ床も誘導しよう。



・熟練モード

 - 暴走大聖の HP が 90%,60%,30% の時、暴走大聖は中央へと戻り、
  注視に対して電流を 1回ずつ、計 3回 放ってくる。
  この 3回の電流を、注視 +1人 or 2人の決められた人数で受ける様にすれば、
  即死を免れる事ができる。

 - 70% と 30% 時は一番遠距離が注視となり、60% の時は一番近距離が注視になる。

 - 電流はパターンに応じて 2発分と 3発分のダメージ判定があり、
  2人、もしくは 3人で受ける事で、1発ずつに分散させる事ができる。

 - 電流が 2重複すると、即死する。

 - 仕様をまとめると以下の様に略される。
  90% 232(電流を受ける人数 : 2人 / 3人 / 2人)注視 :遠距離
  60% 323(電流を受ける人数 : 3人 / 2人 / 3人)注視 :近距離
  30% 232(電流を受ける人数 : 2人 / 3人 / 2人)注視 :遠距離
 ※上記電流を受ける人数には、注視担当者も含まれる。

 - 上記%以外でジャンプしたら特殊攻撃の合図。
  頭に数字が付いたら外郭へ移動して、カウント 1 になったら爆発を抵抗しよう。
  その後、暴走大聖はダメージ床を投げてくるので、そのまま外郭にダメージ床も誘導しよう。



以下詳細は熟練モードの流れに沿っていますが、ギミック内容は一般モードも参考可能です。


●熟練 100% ~ 90% 区間

 - 一般攻撃パターン :
  = 1打 → 1打 or 裏側振り回す → 2連打回転斬り(合わせ技可能) → ブレス
 - 基本特殊パターン :
  = 一般パターン → 遠距離対象ジャンプ → ヘイト順 1,2,3番に 5秒カウント →
   順番に爆発(空中に浮かぶ)→ 順番に溶岩床 3回 → 素早い広域技(抵抗可能)


5秒カウントはバフデバフウインドウに出ない頭の上のカウントであり、
弾ければ広域攻撃と共に、空中に浮かぶ様になる為、必ず抵抗しなければならない。
その後、順番に溶岩床を発射して、素早い広域攻撃で仕上げされる。
広域攻撃も抵抗可能なので、必ず抵抗する様にしよう。



●熟練 90% 特殊パターン(2-3-2 注視,遠距離)

 - 特殊攻撃パターン :
  = 誰かを注視 → 電流具体 2個 召還 → 連鎖電気衝撃 → キャッチ(電流吸収)→
   ターゲット対象にジャンプ → 誰かを注視 → 具体 2個 召還 → 力強い連鎖電気衝撃→
   キャッチ(電流吸収)→ どんどん殴る(合わせ技可能)→ 誰かを注視 →
   連鎖電気衝撃 → キャッチ(電流吸収) → 素早い広域攻撃(抵抗可能)


便宜上 2-3-2 注視と呼ぶパターン。

90% になると、暴走大聖が中央に移動した後、一番遠くにいる人を注視する様になる。
注視をかけた後、暴走大聖は左右に雷の玉である 「電流具体」 2個 を召還して、
その後、注視者に対して「連鎖電気衝撃」 を使用する。

この連鎖電撃衝撃は、一人で受けると即脱力状態になり、死亡してしまう攻撃だ。
対処としては、2人のパーティー員が、注視者の範囲でこの攻撃を受ける様にして、
ダメージを数人で分散させなければならない。


なお、電流を受ける様になれば、
「45秒間、攻撃力 50%,クリティカルダメージ量 50%」の「電流」バフを受けられる様になるが、
この電流バフが残っている状態で、再度電流バフを受ける様になってしまうと、
感電した後に即死亡する様になってしまうので、必ず電流バフが無い事を確認してから、
新しく電流を受ける様にしよう。

また、暴走大聖が左右に召喚する 「電流具体」 (雷の玉)は、
受ける事によって 「微細電流」 バフを受ける様になる。
この微細電流バフは、2回 受けると 「電流」 バフへとアップグレードされるので、
参考にする様にしよう。


連鎖電気衝撃の後、暴走大聖は吸功の様に、目の前の誰かのキャッチを試みる。
キャッチに合う為には、暴走大聖から近すぎず離れすぎず、範囲内にいる必要があり、
その範囲内で、暴走大聖の正面にいるパーティー員が、優先順位を持つ様になる。

キャッチにあった対象パーティー員に「電流」バフがあれば、暴走大聖がそれを吸収する。
これが後々大ダメージを与える方法となるので、この吸収は必ず行う様にしよう。


なお、電流具体による「微細電流」 バフ効果は吸収不可能であり、
「電流」バフ効果だけが暴走大聖に吸収される様になる。
微細電流バフ持ちは、暴走大聖にキャッチされない様に、注意しよう。



電流が暴走大聖に吸収されて、電流が 1重複 になったら、
暴走大聖はターゲット対象にジャンプした後、すぐ次の注視に移る様になる。


次の注視は、「力強い連鎖電気衝撃」 だ。
この 「力強い連鎖電気衝撃」 は、2人では無く、3人で受ける必要がある為、
注視対象者のそばに、3人が固まって同じ範囲内に居る様にしなければならない。


「電流」 バフを受けていない 3人のパーティー員が、力強い連鎖電気衝撃で 「電流」 バフを受けて、
その電流バフがあるパーティー員が吸功でキャッチされる様になれば、暴走大聖に電流が 「重複」 される様になる。

この電流バフが 「偶数」 重複になると、決められた大ダメージが暴走大聖に入る様になる。
必ず電流を受けて、暴走大聖にそれを吸収させる様にしよう。


2重複まで終わったら、暴走大聖は全体攻撃を行う。
この全体攻撃を合わせ技で中断する様にして、掴み上げ、或いは、吸功を行い、
ダメージを与える時間と、電流バフが切れる時間を稼ぐ様にしよう。
(持ち上げキャラがパーティーにいない場合は、合わせ技のタイミングをギリギリまで待とう)

なお、もし電流具体がフィールドに残っている場合、持ち上げ対象者は注意しよう。
バフ状態によっては、持ち上げ中に電流具体に当たって、即死してしまう可能性がある。
必ず 「電流」 バフの累積状況を念頭に置いて、持ち上げる様にしよう。

 - 電流バフ1 + 微細電流バフ1 の時に電流具体に当たると即死するので注意
 - 電流バフ1 のみ、または、微細電流1 のみなら大丈夫


 ・電流バフのまとめ
  = 暴走大聖の 「連鎖電気衝撃」 を受けると 「電流」 バフを受ける
  = 暴走大聖の左右にできる 「電流具体」 を受けると 「微細電流」 バフを受ける
  = 「微細電流」 バフが 2重複になると 「電流」 バフへとランクアップする
  = 「電流」 バフが 2重複になると 「即死」 する


全体攻撃が終わると、暴走大聖は 1回目の一般連鎖注視パターンを使用してくる。
1回目と同じ様に 2人で連鎖電気衝撃を受けて、同じ様に対応しよう。

ただ、最初の注視の時とは異なり、連鎖電気衝撃後は素早い広域攻撃を行って来て、
大ダメージを与えてくるという差異があるので、注意する様にしよう。



●熟練 90% ~ 60% 区間

一般パターン + 3回転パターンに追加で、一回ランダム回転パターンが追加される。

 - 攻撃パターン :
  = 1打 → 1打 or 裏側振り回す → ランダム対象カウント → 2連打回転斬り(合わせ技可能)


この区間で注意する点は、滅砕士,リン剣術士がランダムカウント対象になった場合、
回転斬りに合わせ技をして持ち上げると、カウントが良く見えない状態になる事だ。
必ず頭の上のカウントを確認する様にしよう。



●熟練 60% 特殊パターン(3-2-3 注視,近距離)

60% での連鎖電気衝撃受けは、3人受け → 2人受け → 3人受けとなる。

 - 特殊パターン :
  = 誰かを注視 → 電流具体 2個 召還 → 力強い連鎖電気衝撃 → キャッチ(電流吸収)→
   ターゲット対象にジャンプ → 誰かを注視 → 電流具体 2個 召還 → 連鎖電気衝撃 →
   キャッチ(電流吸収)→ どんどん殴る(合わせ技可能)→ 誰かを注視 →
   力強い連鎖電気衝撃 → キャッチ(電流吸収)→ 素早い広域攻撃(抵抗可能)


便宜上 3-2-3 注視と呼ぶパターン。

90% 時の特殊パターンと異なる点は、注視が 「一番近い人」 になるという事と、
「力強い連鎖電気衝撃」(3人受け)が 2度 行われるという点にある。

つまり、3-2-3 注視は最初と最後が 3人で攻撃を受けなければならない。

ここまで順調に来ていたら、暴走大聖の電流は 6重複となり、大ダメージを与えられる。



●熟練 60% ~ 30%

一般攻撃パターンの他、ランダム回転パターンの回転数が 1回 増加する。
2人の対象にランダムでカウントをするので、必ず頭上のカウントを確認する様にしよう。



●熟練 30% 特殊パターン(2-3-2 注視,遠距離)

 - 特殊攻撃パターン :
  = 誰かを注視 → 電流具体 2個 召還 → 連鎖電気衝撃 → キャッチ(電流吸収)→
   ターゲット対象にジャンプ → 誰かを注視 → 電流具体 2個 召還 → 力強い連鎖電気衝撃 →
   キャッチ(電流吸収)→ どんどん殴る(合わせ技可能)→ 誰かを注視 →
   連鎖電気衝撃 → キャッチ(電流吸収) → 素早い広域攻撃(抵抗可能)

便宜上 2-3-2 注視と呼ぶパターン。

90% パターンと全く同じ攻撃を行ってくる。
注意しなければならない点は、キャッチによって電流バフが 9重複になる場合、
「暴走大聖があまりにも多い電流を吸収して、爆走し始めます」というメッセージが出て、
全滅スキルを使用する様になってしまう事だ。
8重複までキャッチを行った後、電流バフがあるパーティー員は、
キャッチに合わない様にしなければならない。



●熟練,一般 30% ~ 0% 区間

後は普通に倒すだけ。



●6人で注視を受ける方法の一例 まとめ

※予め以下の項目を決めておくと良い。

 = 注視者 1名(A)
 = 2 の時に注視者と共に一般連鎖電気衝撃を受ける人 1名(B)
 = 3 の時に注視者と共に力強い連鎖電気衝撃を受ける人 2名(C,D)
 = 電流具体(玉)を受ける人 2名(E,F)


・6人による 2-3-2 注視

 1)注視者 A は、一番 「遠距離」 にいる様にして注視を受ける

 2)E,F が、左右に出現する電流具体を受ける

 3)注視者 A と B が一般連鎖電気衝撃を受ける(2人受け)

 4)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 5)注視者 A は、一番 「遠距離」 にいる様にして注視を受ける

 6)E,F が、左右に出現する電流具体を受ける

 7)注視者 A + C + D の 3人で、力強い連鎖電気衝撃を受ける(3人受け)

 8)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 9)全体攻撃。合わせ技をして中断させて、ダメージとバフ終了時間を稼ぐ

10)注視者 A は、一番 「遠距離」 にいる様にして注視を受ける

11)E,F が、左右に出現する電流具体を受ける

12)注視者 A + バフ時間が終わった B で、一般連鎖電気衝撃を受ける(2人受け)

13)注視者 A がキャッチされる(※30% 8重複時は 9重複にならない様に注意!)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事
   


・6人による 3-2-3 注視

 1)注視者 A は、一番 「近距離」 にいる様にして注視を受ける

 2)E,F が、左右に出現する電流具体を受ける

 3)注視者 A + C + D が力強い連鎖電気衝撃を受ける(3人受け)

 4)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 5)注視者 A は、一番 「近距離」 にいる様にして注視を受ける

 6)E,F が、左右に出現する電流具体を受ける

 7)注視者 A + B で、一般連鎖電気衝撃を受ける(2人受け)

 8)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 9)全体攻撃。合わせ技をして中断させて、ダメージとバフ終了時間を稼ぐ

10)注視者 A は、一番 「近距離」 にいる様にして注視を受ける

11)E,F が、左右に出現する電流具体を受ける

12)注視者 A + バフ時間が終わった C,D で、力強い連鎖電気衝撃を受ける(3人受け)

13)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事



●4人で注視を受ける方法の一例 まとめ

※予め以下の項目を決めておくと良い。

 = 注視者 1名(A)
 = 2 の時、注視者と共に一般連鎖電気衝撃を受ける人 1名(B)
 = 3 の時、注視者と共に力強い連鎖電気衝撃を受ける人 2名(C,D)
 = 電流具体は重複しない様に受ける様にする


・4人による 2-3-2 注視

 1)注視者 A は、一番 「遠距離」 にいる様にして注視を受ける

 2)注視者 A + B が、一般連鎖電気衝撃を受ける(2人受け)

 3)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 4)注視者 A は、一番 「遠距離」 にいる様にして注視を受ける

 5)注視者 A + C,D の 3人で、力強い連鎖電気衝撃を受ける(3人受け)

 6)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 7)全体攻撃。合わせ技をして中断させて、ダメージとバフ時間を稼ぐ

 8)注視者 A は、一番 「遠距離」 にいる様にして注視を受ける

 9)注視者 A + バフ時間が終わった B で、一般連鎖電気衝撃を受ける(2人受け)

10)注視者 A がキャッチされる(※30% 8重複時は 9重複にならない様に注意!)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

11)電流具体の重複に注意しながら、受けられたら受けてダメージディーリング


・4人による 3-2-3 注視

 1)注視者 A は、一番 「近距離」 にいる様にして注視を受ける

 2)注視者 A + C,D の 3人で、力強い連鎖電気衝撃を受ける(3人受け)

 3)A がキャッチされる(A 電流削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 4)注視者 A は、一番 「近距離」 にいる様にして注視を受ける

 5)注視者 A + B の 2人で、一般鎖電気衝撃を受ける(2人受け)

 6)A がキャッチされる(A 電流削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

 7)全体攻撃。合わせ技をして中断させて、ダメージとバフ時間を稼ぐ

 8)注視者 A は、一番 「近距離」 にいる様にして注視を受ける

 9)注視者 A + バフ時間が終わった C,D の 3人で、力強い連鎖電気衝撃を受ける(3人受け)

10)注視者 A がキャッチされる(A 電流バフ削除)
   ※ A 以外のパーティー員は、A よりも暴走大聖に近付かない事

11)電流具体の重複に注意しながら、受けられたら受けてダメージディーリング

投稿者 (む) : 2015年10月21日 19:25

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る