レベル 50 「ナル聖地」 嘘つきを探して供物を判別!3ネームド 「アトマナ」 攻略
●他サイトヘッドライン
« 日本、6月 8日に CrossGateWay システム実装! | メイン | 日本、「夏目前!初夏のパール2倍キャンペーン」 実施 »

2016年6月 2日

レベル 50 「ナル聖地」 嘘つきを探して供物を判別!3ネームド 「アトマナ」 攻略 [ BnS - ダンジョン攻略 ]

パドマとクレイシャを倒して最深部に入れば、最終ボス「アトマナ」に出会える。
アトマナは 8つの腕と 4つの顔を持っており、蓮華上に座っているなど、
ヒンドゥー神の外見を持っている事が特徴だ。

アトマナは先立って登場するパドマ,クレイシャとは、水準が別次元の難易度だ。
特に、戦闘パターン中に少なくは 4回、多くは 5回まで見る事になる
「闇の供物」パターンは、一回のミスでパーティーを全滅させる為、
確実な攻略を理解していてこそ、円滑なクリアが可能となる。

タイムアタックは 10分だが、状態異常を伴う広域攻撃が多くて、
持続的に攻撃できない場合も多く発生する。この為、パーティーの
火力制限もとても高くなっているネームドだ。

また、攻略の為には気絶やダウンが非常に多く必要となる為、
既存の一般的なダンジョンよりも、合わせ技により多くポイントを
投資するスキルツリーを使用しなければならない。

inven





※記事内容の攻略は 1例であり、様々な攻略方法がある事をご了承ください。

●攻略記事の見方 ・攻略記事は段階別の詳細な攻撃方法と、それに対する攻略方法が記載されています。 ・簡単攻略には要点だけまとめた項目がありますので参考にして下さい。 ・ページの最後には攻略動画が掲載されています。


・ナル聖地 3ネームド アトマナ 簡単攻略

 - アトマナの基本攻撃パターンは、以下で構成されている。

  ・腕(闇) → 十字押さえ込み(闇) → 光の波動(光) → 合掌(光) → 衝撃波(闇)

 - 闇属性の攻撃を受ければ、「闇」 デバフが蓄積される。

 - 闇デバフは最大 25重複まで蓄積されて、重複数値が上がるほど、秒当たりの持続ダメージが増加する。
  また、25重複になると、「闇の監獄」 デバフが活性化される様になり、
  10秒間 「行動不可能」 になる為、攻撃を受けない様に注意しなければならない。

 - 戦闘開始後 45秒が経つと、「闇の供物」 パターンに進入する。

 - 闇の供物パターンに入ると、タンク,一番近距離,一番遠距離のうち、一人のパーティー員が供物となる。
  この時、供物は特別なデバフや見掛けの変化が発生しない為、
  これらの変化を通じて供物になったかどうかを判別する事は不可能だ。

 - アトマナ戦闘地域の 4コーナーには青,緑,赤,黄色の柱があり、
  闇の供物パターンになると、柱の前にアトマナの顔の形の像が 1つずつ登場する。
  アトマナの HP 100 ~ 75% 区間では、4つの顔全てが一人を眺めるので、
  その視線の先にいるパーティー員が供物だと分かる。

 - 闇の供物は、自分を含む周辺 16m 範囲内にいるパーティー員たちに、
  続けて闇デバフを蓄積させる。デバフが蓄積すれば、ダメージ量が益々高まり、
  25重複すると行動不可状態になる為、それに至る前に解除しなければならない。
  解除方法は、アトマナが衝撃波を詠唱する時、ダウン合わせ技を使用して、
  起床時の 「強烈な光」 を使う様に誘導する事だ。

 - 強烈な光が出る時、アトマナに背を向けていれば、ダメージ無しに闇デバフを解除できる。
  もし、アトマナの方向を向いていた場合、デバフは解除されるが、おびただしいダメージと共に、
  約 5秒間 閃光効果が発生するので、必ず後ろを向く様にしよう。

  また、強烈な光が出る時、保護符や御剣保護などの抵抗スキルを使った場合、
  闇デバフは解除されないので、気を付けなければならない。

 - 闇デバフを解除してアトマナの HP を一般 70%,熟練 75% まで減少させれば、
  供物審判パターンに突入する様になる。

 - 供物審判パターン突入と同時に、アトマナは新しい供物を選定して、
  中央で力強い広域技を使用する。防御不可能なので、抵抗技を活用しよう。

 - 広域技を抵抗した後、熟練の場合は、素早く指定された供物を探す様にしよう。
  一般の場合は供物が指定されない為、合わせ技で攻撃を遮断した後、
  4回連続の全体攻撃を抵抗すれば、一般攻撃パターンへと戻る様になる。

 - 熟練の供物は闇バフの重複距離か、4つの顔にて探す事が可能だ。
  なお、供物を探す途中、アトマナは周期的に HP を 2% ずつ回復しだすので、
  内傷を入れて回復を牽制する様にしよう。

 - 供物を探し出せたら、アトマナにダウン合わせ技を入れよう。
  この時もアトマナは起床しながら強烈な光を使うので、後ろを向かなければならない。
  以後、アトマナは供物を要求する。

 - アトマナが供物を要求し始めれば、青と緑の柱の前に、光 / 闇の祭壇がランダムで生成される。
  この時、供物を除いた全てのパーティー員たちは光の祭壇に先に上がり、
  その後、供物は闇の祭壇に上がらなければならない。

 - 正解の供物を闇の祭壇に上げれば、
  「アトマナが供物を審判します」 と言うメッセージと共に、吸功を詠唱する。
  吸功は合わせ技を利用して中断可能であり、基本は発動速度が早い 「気絶」 を使う。
  もし、吸功を中断できなければ、全滅技が発生する。

 - 審判を中断すれば、また基本攻撃パターンへと戻り、45秒後に闇の供物パターンが行われて、
  その後 HP を一般 30%,熟練 50% まで減少させれば、また供物審判パターンに入って行く。

 - 熟練では、この時点から闇の供物、及び、供物審判パターンにおいて、
  3つの顔が供物を眺めて、残り 1つの顔は供物では無い他パーティー員を眺める。
  供物を判別する時に注意しよう。それ以外に大きな差異は無い。

 - 熟練 50% ~ 0% 区間では、供物を探す難易度が急上昇する。
  この時からは、4つの顔が 2つずつに分かれて、各パーティー員を眺め出す。
  片方のグループは真実、他の一つは偽りだと言うのだ。

 - この時に使われている攻略方法は 2つある。
  1つ目は 「闇デバフを利用した距離による把握」 だ。
  供物はタンク,一番近距離,一番遠距離のうち 1人が選定されるという点と、
  自分を含め 16m 内に居れば、パーティー員に闇デバフを重複させるという点を利用する。

  供物審判パターンでアトマナが中央に移動したら、タンク,一番近距離,一番遠距離,それ以外で各方向に移動、
  アトマナと 10m の距離を開けたまま待機する。
  広域技はパーティー抵抗技などを活用して抵抗しよう。

  この時、反対側にいる人とは約 20m,左右にいる人とは約 14m 位の距離を開ける。
  この判別方法の場合、闇デバフが重複しない人の反対側の人が闇の供物であると分かる為、
  簡単に供物を探し出す事ができる。

  2つ目は 「柱の顔を利用した把握」 だ。
  供物審判パターンに入る際、パーティー員の位置を調節して、
  供物の指定をタンク(近距離)と一番遠距離の 2択にしておけば、
  後は柱の顔を眺める事で、どちらが供物になったのかを判別する事ができる。

  この判別方法の場合は、パーティー員の位置関係が非常に重要となる。
  位置だけ間違わない様に気を遣って、後は柱を眺めてどちらが正解かを見極めよう。



●ナル聖地 3ネームド アトマナ 詳細攻略

・闇属性攻撃を受ければデバフ重複!広域スキルが零れ落ちる基本攻撃パターン

アトマナの基本戦闘パターンは、
腕(闇) → 十字押さえ込み(闇) → 光の波動(光) → 合掌(光) → 衝撃波(闇)
にて、構成されている。

腕と衝撃波を除いた全ての攻撃パターンが、防御不可能な範囲攻撃だ。
また、腕,十字押さえ込み,衝撃波は闇属性で、光の波動と合掌は光属性となる。
闇属性攻撃を受けると、「闇」 デバフが重複されて、ダメージが累積するだけで無く、
25重複すると闇の監獄に掛かって、10秒間 何も行動できなくなるのが特徴だ。


「腕」 は、正面から 2回 腕を振り回して攻撃するスキルだ。
速度はそこまで早くない為、防御や反撃で対処する事ができる。


引き継いで出る 「十字押さえ込み」 は、アトマナが前後、または、左右方向にて、
長範囲を打撃、ダウンを誘発する攻撃だ。

十字押さえ込みは、前後と左右 中、どの方向が先に出るかはランダムであり、
アトマナとの距離が約 1.5m 以内なら、方向に関係なく無条件で被撃する。
一般なら範囲が表示されるので対処が易しいが、熟練ならアトマナの手を見て、
方向を確認して回避するしかない。場合によっては抵抗を活用しよう。


引き継いで出る 「光の波動」 は、アトマナが自分周辺範囲に 3回 広域攻撃をして、
空中状態を誘発する攻撃だ。

この時の攻撃範囲は、アトマナを中心に約 0 ~ 5m 範囲にダメージを与える内部攻撃、
約 5 ~ 10m 範囲にダメージを与える外部攻撃、そして再度内部攻撃へと繋がる。

近接職業群の場合は、抵抗時間が長いスキルを活用するか、
横移動や後方移動など、2つ以上の抵抗スキルを使用しなければならない。

もし、抵抗技が充分で無ければ、攻撃を暫く諦めて距離を空ける様にして、
外部 → 内部 → 外部 の順序で動けば、被害を防ぐ事ができる。


光の波動 3連打の後には、「合掌」 が行われる。
合掌はターゲット対象者を眺めて、アトマナが前と後ろに沿った範囲に対して、
力強いダメージと共に、ノックバックを誘発する攻撃だ。
熟練基準で防御力 3,000 以上を確保した場合でも、5万に迫るダメージを受ける為、
気を付けなければならない。


最後に衝撃波は、アトマナが正面の一定範囲を攻撃して、ダメージとグロッキーを誘発する攻撃だ。
衝撃波はアトマナとの戦闘中、唯一合わせ技を入れる事ができるスキルになっている。
この時に気絶を入れて、掴み上げ,押さえ込み,吸功などを使っても構わないが、
次に説明する闇の供物パターンでは、このタイミングでダウンを入れる事が、攻略の核心になる。


十字押さえ込みはターゲット対象者を眺めて、前後,左右をランダム順に攻撃する。


光の波動はアトマナを基準に内部 → 外部 → 内部の順序で広域ダメージを与えるスキルだ。


衝撃波はアトマナに合わせ技を入れられる唯一の区間。攻略における重要な要素だ。
(合わせ技スロット 4マス)



・後ろを向いて闇デバフを解除!闇の供物パターン

アトマナは基本戦闘パターンを開始して 45秒 が経過すると、
「誰かを堕落させて、闇の供物にします」 というメッセージと共に、供物パターンへと突入する。

パターン進入と同時に、アトマナはランダムに 1人のパーティー員を供物に指定して、
一番遠い対象へとジャンプする 「重圧」 を使用してくる。
引き継いで、近距離 → 遠距離 の順序で広がって行くダメージ床攻撃 「千個の手」 パターンを使った後、
基本攻撃パターンへと戻る様になる。


闇の供物が指定されると、供物含む該当キャラクター周辺 8m 範囲内のパーティー員には、
「闇」 デバフが 2秒毎に 1重複ずつ蓄積する様になる。
闇は重複されるほど DoT ダメージ量が増加して、25重複時、10秒間行動不可が状態になる為、
アトマナの攻撃に対処する事ができなくなり、即死する確率が高くなるので、注意しなければならない。


基本攻撃パターンが始まって 45秒が経つと、闇の供物パターンへと突入する。


闇の供物が選定されると、供物と周辺キャラクターには闇デバフが蓄積する様になる。


闇デバフを解除する為には、アトマナが 「強烈な光」 を使う様に誘導しなければならない。
強烈な光はアトマナが使う起床技で、アトマナの基本攻撃中、
合わせ技を入れられる 「衝撃波」 スキルを使う時に、ダウンを入れる様にすれば、
強烈な光を使用するパターンを誘導させる事ができる。

ダウンに成功すれば、アトマナが起床して強烈な光を詠唱するが、この時 「闇」 デバフも解除される。


ただ、注意点もある。
強烈な光が弾ける瞬間、アトマナに 「背を向けなければならない(後ろを向く)」 という事だ。

アトマナを眺めていると、おびただしいダメージが入って来るだけでなく、
約 5秒間 閃光効果が発生して、一撃で死なないとしても、以後の攻撃パターンに対処しにくくなる。

また、掴み上げや吸功,押さえ込み,召還獣の押さえ込みなどを使っても、
強烈な光が発生しない為、ダウンだけ入れて、すぐに背中を向ける事が重要だ。


一般的にボスモンスターが使う気象技と異なり、背中だけ向けていれば、
ぴったりアトマナにくっついていても、ダメージは発生しない。

なお、強烈な光は絶対に 「抵抗」 してはいけない。
御剣保護や氷結冬華、保護符などの抵抗技を使った場合、闇デバフが消えないからだ。

また、あまりに攻撃を沢山受けてしまい、強烈な光が弾ける瞬間、
闇の監獄が発動したら、無条件で即死するので、注意しなければならない。


基本攻撃パターン中、衝撃波を使う時にダウンを 4回 入れよう。


ダウンしたアトマナは起床しながら強烈な光を使用する。
この時アトマナに背を向けていれば、ダメージと閃光を受けずに闇デバフを削除できる。



・新しく指定された供物を素早く把握して、合わせ技を活用せよ!供物審判パターン

アトマナの HP が以下になった時、供物審判パターンが始まる。

 = 一般 : 70%,30%
 = 熟練 : 75%,50%,25%

なお、熟練の場合、25% 以下は時間によって供物審判パターンが追加される。


一般の場合は供物が指定される事は無く、合わせ技を入れるだけでギミックは終わる。
ギミック終了後、5連続の全体攻撃が行われるので、保護スキルを使って抵抗しよう。
その後、一般パターンへと戻る。


熟練の場合は、少し複雑だ。
供物審判パターンの核心は、パターン開始と共に新たに選定される闇の供物対象者を、
素早く把握する事にある。

供物審判パターンが始まったら、アトマナは中央に移動して、
アトマナ周辺 10m 範囲内の地域を除いて、外側は全て闇地域へと変更される。

外側の闇地域にいた場合、キャラクターに蓄積している闇デバフ重複数に関係なく、
直ちに闇の監獄が発生する様になる。
また、闇地域では闇監獄が永遠に更新される為、事実上動けず死亡と同様になる。
素早くアトマナの後を追って、内部に入る様にしなければならない。

中央に入って来たアトマナは、直ちに新しい供物を選定した後、力強い広域攻撃を詠唱する。
この攻撃は抵抗技を使えば被害無しに越えられるが、詠唱がとても長い為に、
抵抗のタイミングを取りにくい。

爆発タイミングは、アトマナが内部に入って行った後で回転して、
アトマナがゆっくり速度を減少させて、完全に止まった直後であり、
難しければ抵抗時間が長いスキルを活用すれば良い。


アトマナを基準に半径 10m だけが安全地帯。外部に出れば闇の監獄に掛かる。


広域技は抵抗を利用して対処する事が可能だ。


アトマナが広域技を詠唱する間、パーティー員は戦闘地域 4コーナーにある顔たちや、
闇デバフを利用して、誰が供物なのかを素早く把握しなければならない。



・供物の判別方法

供物は 「タンク」,「一番近距離」,「一番遠距離」 のうち、1人が指定される方式であり、
現在 2つの判別方法がある。


1)闇バフを利用する判別方法

1つ目は、供物は闇バフを周りに振り撒くという特性を利用して、判別するという方法だ。

パーティー員は、それぞれ 12時,3時,6時,9時 方向に、予め自分の位置を指定しておき、
(供物指定となるタンク,近距離,遠距離で 3方向、残り 3人が 1方向に集まる)
アトマナが広域攻撃パターンに入ったら、各パーティー員は攻撃を止めて、
予め決めておいた方向に移動、アトマナとの距離を 10m まで開ける様にする。

この様にすれば、東西南北お互いに見合わせているパーティー員同士は 20m、
左右方角のパーティー員とは約 14m の距離を維持する様になる。

闇の供物バフは、自分と周辺 10m 内にいるパーティー員に対して、闇バフを重複させる為、
供物の反対側に立っている人は、20m 離れているので闇デバフが蓄積されなくなる。

アトマナの広域技が爆発してから、闇デバフが蓄積されない人は、
素早くチャットを送り、自分の反対側の人が供物だという事を知らせれば良い。


2)供物を眺める顔を利用する判別方法

2つ目は、壁にある供物を眺める顔を利用する方法だ。
供物審判パターンに入ると、供物を眺める顔は新しい供物を眺める様になる為、
それを見て、誰が供物になったのかを判別すれば良い。

大事なのは、各々の位置関係だ。
供物は 「タンク」,「一番近距離」,「一番遠距離」 のどれかが指定される方式であり、
タンクが一番近距離にいれば、供物は 「タンク(一番近距離)」 か 「遠距離」 かの 2択にする事ができる。

この条件を満足させる為には、供物審判パターン(一般 70%,30% / 熟練 75%,50%,25% +α)が始まる際、
タンクは一番近くにいなければならないし、遠距離指定者は一番遠くにいなければならない。
また、その他大勢は、近距離,遠距離の邪魔にならない中間距離を維持しなければならない。

この距離を維持出来たなら、後は壁の顔を見て、
タンクと遠距離、どちらが供物になったのかを判断すれば良い。


なお、熟練の場合、本物の供物を眺める顔の数が変化していき、偽物を眺める顔が増えていく。
どの段階でも、供物を指定の際、一瞬 「本物の供物を眺める」 ので、
配置が完了した後は顔を凝視して、誰が本物の供物かを判断すると良い。


熟練 75%,50% では、供物を眺める顔がそれぞれ 4個,3個である為、対象者を簡単に把握する事ができる。


熟練 25% 以下では、供物を眺める顔が 2人ずつになる。



供物の把握が完了したら、直ちにアトマナにダウン合わせ技を入れれば、供物要求パターンに移る事ができる。
この時、迅速に供物の把握、及び、合わせ技が成り立たなければならない。
アトマナは広域技の後、一直線上に攻撃を加える 「千個の手」 スキルを使用してくるからだ。

千個の手はダメージ量が高いのみならず、闇デバフが重複して蓄積される為、
闇バフの蓄積具合によっては、闇の監獄に掛かってしまう可能性がある。

また、アトマナは広域攻撃後、ダウン前まで周期的に HP を 2% ずつ回復する。
回復速度はとても早い為、ダウンが遅くなればなるほど、攻略が難しくなる。
一応 「内傷」 を与えておけば、回復量を 1% に減らす事ができるので、
広域爆発と同時に内傷をかけて、素早く供物を探し出す様にしよう。


ダウンしたアトマナは、起き上がりながら 「強烈な光」 を使った後、供物を要求する。
このタイミングで、外部の闇地域が解除されて、
青と緑の柱の前に 「闇の祭壇」,「光の祭壇」 がランダムで生成される。

祭壇が生成されたら、供物では無いパーティー員が先に光の祭壇へと移動して、
最後に供物が闇の祭壇に移動しよう。

移動すると、「アトマナは供物を審判します」 というメッセージが出力されて、吸功を詠唱する。
供物を除いて光の祭壇に移動したパーティー員は、アトマナに気絶を使用して、吸功を遮断しよう。

吸功を中断させれば、アトマナは 5回 連続広域ダメージを与える 「力」 を詠唱した後、
また基本攻撃パターンへと戻る様になる。


なお、供物は残りのパーティー員が光の祭壇に全員移動した事を確認した後、
闇の祭壇に入る様にしなければならない。

闇の祭壇に供物が移動すると、直ちに戦闘地域全てが闇地域へと変更されるが、
光の祭壇に移動したパーティー員は、供物が闇の祭壇に移動した時点で、
闇の監獄に 5秒間 抵抗する事ができる 「光の加護」 バフを得る事ができるからだ。


アトマナが供物を要求したら、青と緑の柱の前にランダムで光 / 闇の祭壇が生ずる。


供物以外のパーティー員が光の祭壇に移動したら、最後に供物が闇の祭壇に移動しよう。


供物を除いたパーティー員は気絶合わせ技を利用して、吸功を中断しなければならない。



最後に、アトマナが使用してくる全滅技の種類だ。
供物審判パターンでのパーティー全滅は、全 5パターンが存在する。

1)審判パターン後に供物が死亡

審判パターンが始まり、新しい対象が供物に選定されたが、その時点で供物が死亡した場合。
供物が死んでしまうと、アトマナは即全滅技を使用する。


2)審判パターン中のダウン合わせ技に失敗

審判パターン中のダウン合わせ技に失敗して、供物要求パターンに移る事ができないまま、
時間が流れてしまう場合にも全滅技が発生する。


3)供物要求パターンで供物が光の祭壇に移動

供物が光の祭壇に入ってしまうと、全滅技が発生する。


4)供物要求パターンで供物以外が闇の祭壇に移動

供物では無い人が闇の祭壇に移動しても、全滅技が発生する。


5)吸功時に気絶合わせ技を失敗

最後に、正解の供物を闇の祭壇に捧げたが、吸功を気絶で中断できなかった場合、
「アトマナが闇で満たされました」 というメッセージが出て、全滅技が発動する。



まとめると、供物を素早く探し出して、必要な瞬間に合わせ技を逃がさない様にする。
これがアトマナ攻略の核心だ。

供物となったパーティー員は、基本的に合わせ技を支援する事ができない為、
残りのパーティー員たちだけで十分な数の気絶を入れる事ができる様に、
全員が合わせ技スキルを準備しておかなければならない。

また、通常パターンにおいて、供物審判パターンに移る直前、
闇デバフを解除する為にダウンを使用した場合、ダウンのクールタイムが戻らず、
供物審判パターンでダウンを行えない場合も発生するので、クールタイム管理にも十分注意しよう。


供物を素早く把握して、正確な位置に移動すればこそ、攻略に成功する事ができる。


気絶不足の場合など、合わせ技に失敗してもパーティーは全滅する様になる。



●ドロップアイテム

・アトマナ宝貝

 - 1,2番 : パドマがドロップ
 - 3,4番 : クレイシャがドロップ
 - 5~8番 : アトマナがドロップ

 - 3セット効果 : 攻撃力 7,クリティカルダメージ 7%,貫通 423 増加

・基本性能

 - 1番:HP 4660,3960,3260 / クリティカル 316,268,221 / 遮断,回避,防御 55,44
 - 2番:HP 4880,4150,3420 / クリティカル 331,281,231 / 遮断,回避,防御 58,46
 - 3番:HP 5100,4340,3570 / クリティカル 345,293,241 / 遮断,回避,防御 61,48
 - 4番:HP 5330,4530,3730 / クリティカル 361,306,252 / 遮断,回避,防御 63,50
 - 5番:HP 5770,4900,4040 / クリティカル 391,332,273 / 遮断,回避,防御 68,54
 - 6番:HP 5990,5090,4190 / クリティカル 406,345,284 / 遮断,回避,防御 71,56
 - 7番:HP 6120,5280,4350 / クリティカル 421,357,294 / 遮断,回避,防御 74,59
 - 8番:HP 6440,5470,4500 / クリティカル 436,370,305 / 遮断,回避,防御 76,60


・衣装「詐欺師」

 
ジン族

 
ゴン族

 
リン族


クン族


・その他ドロップ(実装された場合)

 - アトマナ武器
 - アトマナ首飾り
 - 職業伝説腕輪の核心材料



●ナル聖地 3ネームド アトマナ 攻略動画

・6人モード


リン剣術士 視点

投稿者 (む) : 2016年6月 2日 00:07

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る