レベル 50 「知られざる殿堂」 全滅技の使用阻止!1ネームド 「大神官サミサ」 攻略
●他サイトヘッドライン
« 宝貝の能力値を限界値まで上昇させる!「宝貝成長」 | メイン | レベル 50 「知られざる殿堂」 急死に注意して全滅技を遮断!2ネームド 「尽天魔王」 攻略 »

2016年10月 9日

レベル 50 「知られざる殿堂」 全滅技の使用阻止!1ネームド 「大神官サミサ」 攻略 [ BnS - ダンジョン攻略 ]

去る 7月 20日、 ブレイドアンドソウルに風アップデートが適用されながら、
新規 6人英雄ダンジョン 「知られざる殿堂」 が登場した。

知られざる殿堂は、「天命宮外苑野営地」 近くに入口があるダンジョンで、
既存最上位ダンジョンである法機研究所より高ランク登録されている場所だ。

ダンジョン内のボス戦は全 2戦で進行される。
一番目のボスは 「大神官サミサ」,二番目のボスは 「尽天魔王」 だ。
ランダムパターンは無いが、多数の範囲攻撃を使用してきて、
防御不可スキルも交ぜて使用してくる。

また、攻撃に被撃するとデバフが重複されて、力強い長続きダメージを
受ける様になり、その結果行動不可状態に陥ったりする。

尽天魔王を倒す事に成功すれば、多様な報酬を得る事ができる。
力強い能力値を保有した尽天指輪や、アトマナ首飾り,ユウテツケン耳飾りと
一緒にセットで活用する冥王指輪、固有ソーシャルアクションを学べる
「魅力の丸丹」 などが代表的なドロップだ。

PvE 性能としては、スペックアップの手助けとなるアイテムが少ない為、
そちらが主な方の攻略優先順位は、相対的に低い場所だと言える。

inven





※記事内容の攻略は 1例であり、様々な攻略方法がある事をご了承ください。



●大神官サミサに会う為の関門。「高位神官セイセツ」,「高位神官セイエン」

高位神官セイセツとセイエンは、大神官サミサへの道を塞いでいる門番ネームドだ。
最初の区間を通って建物内部に進入すれば、名前が黄色で表示されるモンスターたちが
多数登場しており、これらを全て倒すとセイセツとセイエンが登場して、
戦闘をする事ができる様になる。


セイセツとセイエンは、双舞士職業モンスターであり、
パターン自体はあまり複雑では無いが、高い攻撃力を持っている点と、
周期的に内功発散を使用して、HP を回復するという点に、注意しなければならない。

また、最後の瞬間は 2体を同時に倒さなければならないし、
倒せなかった場合、死なないまま内功発散を利用して、HP を大きく回復してしまう。


これらを攻略する為には、先にパーティーを半分に分けて、
セイセツとセイエンの担当を分けた方が良い。


攻撃を続けていると、セイセツとセイエンが戦闘地域中央へと移動して、
護身剛気を付けた後、暫く後に内功発散で HP を回復しようとする動きを見せる。

この時、護身剛気を潰して内功発散を合わせ技で遮断すれば、HP 回復を防げる。
護身剛気は 5回 攻撃を抵抗すれば消えるので、素早く攻撃する様にしよう。


セイセツとセイエンの HP が 10% 以下になったら、パーティー火力を集中させよう。
攻撃を集中する中、 HP が 5% 以下に下がった瞬間、全ての火力を降り注いで、
セイセツとセイエンを同時に片付けなければならない。

2体のモンスターは、HP が 5% 以下になると、内功発散を使って回復を図る。
先立って使った内功発散と違い、この内功発散は遮断する事ができない為、
2体のモンスターを素早く、同時に倒さなければならない。


双舞士タイプの門番ネームド。


攻撃途中、「態勢転換を詠唱します」 というメッセージと共に、護身剛気を使う。


引き継いで内功発散で HP 回復を試みる。素早く抵抗を消費させて状態異常を入れよう。



● 知られざる殿堂 1ネームド 「大神官サミサ」

1ネームドである 「大神官サミサ」 は、「血毒」 と 「牙」 というデバフを活用して攻略するボスだ。
対象に使用する 「血毒」 と 「牙」、この 2つのデバフを組み合わせて、
全滅技の使用を遮断しながら、ダメージを累積させる事が攻略のカギになる。


なお、血毒連携をミスした場合、すぐに全滅技が詠唱される他、
多様なノックバック スキルを使用してくる為、パーティー保護の運用も重要だ。

基本攻撃パターン速度も素早く、防御不可スキルも合わさっていて、注意が必要となる。
また、サミサの攻撃に被撃すると、「サミサ毒」 というデバフが蓄積される。

サミサ毒は 30秒間 維持されて、最大 10重複まで重なるデバフであり、
重複数値が高くなるほど、より多くの HP が周期的に失われる様になってしまい、
生存がどんどん難しくなっていくので、注意しよう。



大神官サミサの HP が以下に到逹すれば、血毒パターンに入る。

 = 一般 : 70%,30%
 = 熟練 : 90%, 60%,30%

血毒パターンの核心は、1キャラクターに掛かる血毒デバフの維持時間を、
「牙」 で最大限更新して、サミサに血毒デバフを委譲すると共にダメージを与えて、
全滅技の使用を遮断する事だ。

なお、大神官サミサは HP が低くなるほど、パターンが細かく、もっと複雑になる。
パーティー員たち同士が呼吸を合わせて、パターンに対処しなければならない。



・大神官サミサの攻撃は「基本パターン」 と 「血毒パターン」 のみ。

大神官サミサとの戦闘は、基本パターンと血毒パターン、2つで成り立っている。

基本攻撃はランダムパターン無しで、決められた手順で進行される為、危険度は低い。

対して血毒パターンは、サミサの HP が一定段階まで現象した時に開始されて、
後になるほどパターンが細かくなり、さらに難しくなるという事が特徴だ。


・PT 火力が低いと特殊攻撃で大ダメージ!急ぎパターン移行を。

基本パターンは、尻尾打撃や尻尾振り回しの様に、防御可能な攻撃たちと、
魔気放出などの防御不可ブレス攻撃が混在されている。
攻撃速度が非常に早い為、予め動いておかないと、少し攻撃の回避が難しい。

また、パーティーの火力が低くて、素早くパターンを超える事ができない場合、
「鋭い悲鳴」 パターンに移り、瞬間的におびただしいダメージを受けてしまうので、
気を付けなければならない。


ただ、サミサの HP 自体はあまり高い方では無い為、
ナル聖地や法機研究所を弛まずクリアして来た水準であるならば、
大部分は鋭い悲鳴を見る事無く、パターンを移行できるでしょう。



・攻撃を受けると重複する 「サミサ毒」 に注意!

サミサの一般攻撃パターン中、注意しなければならない点は、
攻撃を受ける度に 「サミサ毒」 というデバフが重複されるという事だ。

サミサ毒は、1重複当たり 1200 という無視できない持続ダメージを誘発して、
移動速度も減少するデバフであり、30秒の持続時間を持っている他、最大 10重複まで蓄積される。

最終装備に近いキャラクターなら、10重複になっても少しは耐える事ができるが、
相対的にスペックが落ちたり、回復能力が不足なクラスである場合は、
低下した HP を取り返す事ができずに、気力が尽きてしまう場合が発生する。

特に、しっぽ振り回し攻撃は、初打に被撃して転倒まで許容してしまうと、
3重複まで毒が重複されてしまうので、常に注意を傾けなければならない。


サミサの攻撃パターンはとても早い。どんな攻撃を受けてもサミサ毒が蓄積される。


サミサ毒の重複が上がれば、入って来るダメージも大きくなり、生存が厳しくなる。


・特定 HP まで減少させれば 「血毒」 パターンに突入

基本パターンを相対しながら、サミサの HP を一定段階まで減少させれば、
サミサが中央にジャンプ移動して、血毒パターンへと進入する様になる。


血毒パターンの核心は、パターン開始時 1人の対象に入る血毒デバフの時間を更新して、
これをサミサに委譲すると共に、全滅技の使用を遮断、ダメージを累積させる事だ。


血毒パターンに進入すると、以下の順に進行が行われる。

 - 一番遠い対象に 「血毒」 を詠唱
 - 血毒対象者に魔気投てき 3回
 - 一番遠い対象に 「魔気の牙」 攻撃
 - 血毒対象者に低く飛ぶ
 - 血毒対象者に高く飛ぶ
 - 血毒対象者に巻付き(血毒吸収)
 - 血毒浄化
 - 魔気強打


・一番遠い対象に血毒の詠唱と付与

もう少し詳細に説明すると、まず一番遠い対象に 「血毒」 を使用した後、
吸功して来てしっぽで突く様なモーションを取る。

この攻撃は特別なダメージは無く、対象者は 20秒の 「血毒」 デバフが生成される。


・3回の魔気投てき。ダメージ床に注意!

引き継いで、サミサは血毒対象者に 「魔気投てき」 を 3回 使用する。
魔気投てきが落ちた場所には、デバフゾーンが形成される様になって、
持続的にダメージを受ける床へと変化するので、必ず場所移動する様にしよう。


・一番遠い対象に魔気の牙。血毒対象者以外が受けよう。

3回の魔気投てきが終わると、一番遠くにいる人に 「魔気の牙」 を使用する。
魔気の牙は、約 5秒後に爆発する時限爆弾系統の攻撃であり、
爆発しながら周辺約 3m 範囲内の対象に、ダメージとノックバックを誘発して、
血毒デバフの時間を更新する効果を持っている。

血毒デバフは、魔気の牙で時間を更新しなければ、爆発しながらパーティーが全滅する様になる為、
魔気の牙対象者は、素早く血毒対象者と合流する事が重要だ。


一番遠い対象を吸功した後、しっぽで刺して血毒を付与する。


続けて血毒対象者に向けて、魔気投てきを 3回 使用する。


魔気投てきが終わったら、一番遠い対象に魔気の牙を投げる。


この時に重要な点は、魔気の牙が爆発する直前のタイミングで、
サミサが血毒対象者に 2打のジャンプ攻撃をしてくるという点だ。

1打目のジャンプ攻撃は、血毒対象者に素早い速度でジャンプして、
ダメージと共にノックバックを誘発する。
2打目のダメージ床攻撃は、近距離 5m 範囲内にいる全ての対象に、ダメージと共に、
空中に浮かべる状態異常効果を引き起こすダメージ床攻撃を加える。


危険なのは 「ノックバック」 だ。
もし、ノックバック攻撃に被撃して、血毒対象者と魔気の牙対象者の距離が遠くなれば、
血毒の時間が更新されなくなる。

血毒デバフは、時間が全て消尽されると、爆発しながらパーティーを全滅させる為、
必ず魔気の牙対象者と血毒対象者が同じダメージ範囲中に存在しなければならない。


この為、合流する瞬間には、氷結冬華や御剣保護,パーティー旋風などの抵抗技を活用して、
血毒、及び、魔気の牙対象者がノックバック,転倒しない様にした方が良い。


なお、血毒対象者が魔気の牙対象になれば良いと思うかもしれないが、
この場合は直ちに全滅技が詠唱される様になる。

必ず血毒対象者と魔気の牙対象は、別々に指定しなければならない。


パーティー保護を活用して、血毒対象と魔気の牙対象が側に居る様にしよう。


・ジャンプ攻撃を回避

魔気の牙が爆発した後、サミサは高く飛び上がる 2打のジャンプ攻撃を行う。
この攻撃は、先の 2打低空ジャンプ攻撃とは異なり、滞空時間が長いので、
範囲外へと簡単に回避する事が可能だ。

なお、2打目のダメージ床攻撃は、
先の様な近距離では無く、遠距離に行ってくるので、注意する様にしよう。


・一番近い対象に巻き付き攻撃。血毒対象者が必ず受ける事。

ジャンプ攻撃まで終わると、サミサは一番近い対象に巻き付き攻撃を行う。
この時、血毒対象者が一番近くで巻き付きを受ければ、保有したデバフがサミサに移る。
血毒デバフの長続き時間は、等しく 20秒だ。


・血毒浄化を防げ! 状態異常や掴み上げ / 押さえ込みをフル活用!

血毒デバフが入って行けば、その時からサミサは全ての攻撃を止めて、「血毒浄化」 を試みる。
攻略の為には、この 20秒間中に状態異常と空中コンボ,掴み上げ / 押さえ込みなどを活用して、
サミサが血毒を浄化する事ができない様にしなければならない。

血毒デバフ 20秒が終わるまで浄化されない事に成功すれば、
血毒が爆発して、サミサには約 9% の HP に当たる内傷ダメージを与える事ができる。


なお、状態異常を入れる事ができず、サミサが血毒浄化に成功すれば、
全滅技が出ながらパーティは全滅する様になる。


・最後に 3回の全体攻撃。保護で防ごう

無事に内傷ダメージを与える事に成功したら、サミサは魔気強打を使用してくる。
魔気強打は戦闘地域全体の範囲攻撃で、総 3回の打撃を与えてくる。

氷結冬華や剣術士の御剣保護を活用すれば、全て抵抗する事が可能だが、
リン剣術士の旋風は、最初の打撃で使用した場合、最後の打撃まで抵抗されないので、
個人抵抗にした方が良いだろう。


血毒時間の延長、及び、巻き付き対象判定がまともに成り立てば、血毒がサミサに移る。


サミサが血毒を浄化しようと試みたら、状態異常で浄化の試みを遮断した後、
掴み上げ / 押さえ込み類のスキルなどを最大限活用して、時間を稼ぐ様にしよう。


・一般 30%,熟練 60%,30% は魔気の牙が追加詠唱される。

以後、一般パターンと血毒パターンを繰り返す様になるが、注意すべき点が一つある。
サミサの HP の低くなるほど、血毒パターンが細かくもっと複雑になっていくという点だ。

熟練 90%(一般 70%)で使う血毒パターンを 「A 血毒」、
熟練 60%(一般 30%)で使う血毒パターンを 「B 血毒」、
熟練 30% で使う血毒パターンを 「C 血毒」 とすると、
A 血毒は魔気の牙攻撃が 1回、B 血毒は 2回、C 血毒は 3回 行う点が異なる。


・熟練 60%(一般 30%)の B 血毒は A 血毒を繰り返す。パーティー保護時に注意

まず、B 血毒の場合、A 血毒とほぼ等しい方式で進行すれば良くて、
血毒パターンサイクル自体を、もう一度進行すると思えば良い。

サミサが血毒,魔気の牙,低空ジャンプ,高いジャンプまで全て使用した後、
A 血毒では 「巻き付き」 を使用してきたが、B 血毒では 「魔気の牙」 をもう一度使用してくる。

2回目の魔気の牙後のパターンは、1回目の牙を使った後と等しいので、
同じパターンを繰り返すと思えば良い。

ただ、氷結冬華などのパーティー保護スキルは、クールタイムが戻って来ない為、
他の保護スキルを使用しなければならない。


・熟練 30% の C 血毒は 魔気の牙が連続詠唱。対象者は迅速な移動を心がけよう。

C 血毒は、魔気の牙が 3回 行われる様になる。
ただ、B 血毒とは異なり、牙 → 攻撃パターン → 牙 → 攻撃パターンでは無く、
2回目と 3回目の魔気の牙を続けて発射する。

魔気の牙は同一対象が連続して受けると、全滅技に繋がってしまう為、
パーティー員間の有機的な動きが重要だ。


最初の魔気の牙後、高いジャンプまでパターンが仕上げされれば、
2回目の牙を受けるパーティー員は一番遠距離になる様に移動する。

牙が入って来たら、該当の人員はサミサの横に移動する様にして、
3回目に受ける人が、一番遠距離になる様、迅速に移動すれば良い。

連続して使ってくるが、二つの牙パターンの間に少し時間的な余裕はあるので、
場所を入れ替える事は難しくは無い。


ただ、C 血毒で注意すべき点は、2回目の牙と 3回目の牙が相次いで爆発するという点だ。
3回の牙を全て血毒対象者が受ける必要は無いので、1つの牙を血毒対象者が受けたら、
残りの牙対象者は外側に移動して、一人で爆発ダメージを抵抗するのも一つの方法となる。


多様なパーティー保護を活用して、状態異常に抵抗しよう。



●知られざる殿堂 1ネームド 大神官サミサ 攻略動画


タンク視点

投稿者 (む) : 2016年10月 9日 13:49

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る