レベル 50 建元成都 12人 週間帰属の伝説等級 ID 「偽りの安息所」 覇赤王 攻略
●他サイトヘッドライン
« 日本、2月 8日よりDCが一部変更。月水金日が 「白鯨湖 3回参加」 に。 | トップページ | NCsoft 2016年 4分期、及び、年間実績発表。営業利益 3288億ウォンで前年比 38%↑ 他 »

2017年2月 6日

レベル 50 建元成都 12人 週間帰属の伝説等級 ID 「偽りの安息所」 覇赤王 攻略 [ BnS - ダンジョン攻略 ]

偽りの安息所は、建元成都 天上盆地に位置した 12人ダンジョンで、
実質 「渦動の寺院」 の 3NM 目に当たるボスが配置されている場所だ。

破滅の皇帝クエストを完了すれば入場可能で、黒風宝貝 5番,6番と、
伝説風,暗黒属性首飾り,魔道士,召喚士,邪術士の伝説秘孔牌の材料,
そして、合成神功牌を得る為の材料アイテムなどを獲得する事ができる。

韓国公式パワーブック
韓国公式掲示板

※日本 17/09/13 人数 12人化

17/09/13 日本アップデートにて、人数が 24人から 12人に変更されて、
それに伴う難易度へと変更されます。





※記事内容の攻略は 1例であり、様々な攻略方法がある事をご了承ください。


●入場条件


破滅の皇帝クエストを完了すれば、入場する事ができる。
破滅の皇帝クエストは、メインクエスト 7幕 13章を完了すれば進行可能だ。



●ダンジョン位置



縮地を利用して、建元成都 天上盆地に移動した後、


マップ 2時方向に偽りの安息所がある。



●ダンジョンマップ



偽りの安息所は 2体の門番モンスターと迷路、
そしてボスである覇赤王が存在しているダンジョンだ。
難易度は渦動の寺院含む伝説ネームド中、最大の難易度を誇り、
最後の覇赤王を倒す事ができればこそ、報酬を手に入れる事ができる。



●覇赤王 攻略


・1フェーズ : HP 100% ~ 95%(一般パターン繰り返し)


一般パターンはランダムパターンが 2つ存在しており、以下の 1つが発動する。

1つ目はダメージ床パターンで、キュウムガクの流星の様に、外周にランダムでダメージ床が発生する。
2つ目は十字架パターンで、十字範囲に対して連続ダメージが発生する。

これらの一般パターンが終了すると、2フェーズへと移る様になるが、
この時点で覇赤王の HP を 95% まで削れなかった場合は、確実に火力不足となる。

現状のチームで覇赤王をクリアする事は困難だという証明になるので、
その場合は他の場所で装備を整えてから、再挑戦する様にしよう。


なお、覇赤王にはデバフ重複による即死が 2つ存在する。
1つ目は覇王気デバフ。上記ランダムパターンに被撃した時、2重複で即死する。
2つ目は破裂デバフ。タンクが離れると生成されて、4重複で即死する。


・2フェーズ :HP 95% ~ 35%(覇赤王守護装置可動 / 除去の繰り返し)


2フェーズに突入したら、プレイヤーは 2つの行程を分かれて進行しなければならない。
(人数はあくまで例であり、火力によって人員分担を変更して良い)


・外周の雑魚担当人員(4人+4人)と鉄球操作プレイヤー(うち 1人ずつ)

まず、外周の雑魚担当人員と、鉄球操作プレイヤーだ。

2フェーズに入ると、外周のランダム対角線上に、雑魚モンスターが 2体召喚される。
この時、覇赤王は一番遠い人に対してダメージ床攻撃を行うので、
対応する人は安全な場所にダメージ床攻撃を誘導してから、攻撃に参加しよう。


雑魚モンスターは 2体同時に倒さなければならないし、制限時間も存在する。
制限時間内に同時に倒せば、その場に鉄球が出現するが、この鉄球はラストアタックを
与えたプレイヤーに操作権限が付与されるので、必ず操作する人が倒す様にしよう。
(※鉄球操作プレイヤー以外は、削り後に覇赤王ディーリングへと合流すると良い)


該当の鉄球同士はビームで繋がる様になり、鉄球操作プレイヤー 2人は、鉄球から発するビームを覇赤王に当てながら、
覇赤王の周りにある覇赤王守護装置の具体 6個を、全て除去しなければならない。

覇赤王にビームが当たっていれば、大ダメージを与え続ける事ができる。
両鉄球操作プレイヤーは、歩幅を合わせて必ずビームを当て続ける様にしよう。

なお、この時の鉄球操作プレイヤーは覇赤王の範囲攻撃で死なない様、充分注意しなければならない。
また、該当のビームは、プレイヤーも触れれば大ダメージを受ける。注意しよう。


鉄球は、時間経過で大爆発を起こして消えるので、
その前に具体 6個を全て消滅させるのが、鉄球操作プレイヤーの役割だ。

なお、爆発の際、鉄球には爆発までのカウントダウンが表示される。
近くにいる人は必ず抵抗するか、PT保護スキルを使う様にしよう。


注意点として、ビームの操作が不慣れで、覇赤王守護装置の具体が残ってしまった場合、
具体 1つに付き、覇赤王の HP が大きく回復してしまう。
鉄球操作プレイヤーは、全ての具体を消す事ができる様にしなければならない。


外周の雑魚モンスター召喚は、95% / 80% / 65% / 50% の計 4回進行される。
各進行時は、同様の操作を行って対処していこう。

なお、チームの DPS が高く、50% 召喚時に 35% まで削る事ができる場合は、
覇赤王守護装置の具体を除去しなくても、3フェーズ移行により初期化されるので、
そのまま攻撃を続けて問題ない。


・覇赤王担当人員(4人)

次に、覇赤王を担当する人員だ。

覇赤王は 2フェーズに突入すると、3秒間無敵になる剣気保護を詠唱する。
剣気保護中に攻撃すると、覇赤王に攻撃増加バフが最大 20重複まで重複される為、
プレイヤーは注意しなければならない。(猫の打撃も換算される)


保護が解除されると、覇赤王は範囲攻撃と単発攻撃を行った後、「破滅気」を使用してくる。
この攻撃が始まると、周辺の覇赤王守護装置 6ヶ所のうち、3ヶ所で電流が生成されるので、
プレイヤー 4人は3ヶ所 中 1ヶ所の電流発生源から均等に並び、電流を覇赤王まで配達しなければならない。


電流は 「12時 + 4時 + 8時」 か 「2時 + 6時 + 10時」 のうち、どちらかで生成されて、
各プレイヤーは 3方向 中 1方向の覇赤王守護装置から覇赤王まで、
各プレイヤー 11m / 8m / 5m / 2m の位置に 1人ずつ位置取り、
電流を覇赤王守護装置から覇赤王まで配達しなければならない。


その後、覇赤王は一般パターンを経由した後、
また剣気保護からの流れを 3フェーズ HP 35% になるまで繰り返す。



●3フェーズ : HP 35% ~ 10%(鉄球召喚,雑魚召喚の繰り返し)


覇赤王の HP が 35% になると、対決者指名(一番近い人)が行われると同時に、
外周より鉄球ビームと、雑魚の沸き位置が活性化される。

対決者に指名されたプレイヤーは、90秒間ビーム抵抗バフが付与される様になる為、
必ずタンクが受ける様にしよう。

ビームは 60秒で 180度回転する。
チーム員は雑魚の沸き位置を確認した後、180度回転した際、
雑魚の位置に居る事ができる様に、予め陣取りをしておいた方が良い。


回転が終わると、雑魚が召喚されるが、
各所に配置された 6ヶ所の鉄球も、爆発を起こす様になる。

この時、鉄球はターゲット可能になって、状態異常(1マス)を入れられる様になる為、
予め決められた 6人は、鉄球前に待機しておいて、状態異常を入れる様にしよう。

なお、一人でも状態異常に失敗した場合、鉄球が爆発して 「破裂」 デバフがチーム全体に与えられる。
破裂デバフを受けると、死ぬまで HP を回復できなくなる為、事実上全滅だと見なさなければならない。


この後、2回目の鉄球が出現して、今後は図形のビームパターンを描く様になり、
ビームが終わると雑魚出現、鉄球の処理という流れになる。


3回目は最初の 180度回転ビームに戻り、これが HP 10% になるまで行われる。
10% になれば、雑魚や鉄球は直ちに消えて、即 4フェーズへと移る。



●4フェーズ : HP 10% ~ 0%(一般パターン)


一般パターンと剣気保護までの攻撃を繰り返す。
後は制限時間との闘いだ。



●覇赤王 動画

・拳闘士 タンク視点

・双舞士 雑魚処理視点

投稿者 (む) : 2017年2月 6日 19:15

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る