NCsoft、新作発表会を 7日に開催。果たしてどんなゲーム?
●他サイトヘッドライン
« 好みの柄と色をわがままに!テストサーバー 「裁縫システム」 追加 | トップページ | 初心者・初見用 難易度 「一般」 序盤ダンジョン 簡単攻略 一覧 »

2017年11月 2日

NCsoft、新作発表会を 7日に開催。果たしてどんなゲーム? [ 情報・ニュース等 ]

NCsoft が新作発表を予告した。
来る 7日(火)に新作発表会を開き、自社が開発中の未公開新作を発表すると
明らかにしたのだ。

この発表会に関して、業界では 「リネージュ M」 の後を引き継ぐ、
NCsoft の新作に対する関心が集中している状態だ。

gamemeca





NCsoft は今年の初め、2016年実績発表の席において、2017年度のラインナップを公開した事がある。
モバイルゲームは 「リネージュM」と 「アイオン レギオンズ」,「ブレイドアンドソウル モバイル」 2種類、
「リネージュエターナル モバイル」 まで、新作 5種類が準備中と紹介されており、
「ブレソ」 モバイル 1つを除いた 4種類が、2017年にサービス開始を目標にしていた。

オンラインゲームの場合、「リネージュエターナル」 と 「MXM」 の 2種類が存在する。
この中で、今年サービスが開始されたのは 「リネージュM」 と 「MXM」 だけだ。


一番ユーザー達が関心を集めているゲームは、やはり 「リネージュエターナル」 だ。
「リネージュエターナル」 は 「Gstar 2011」 で初公開された NCsoft PC オンラインゲームの新作で、
2003年の 「リネージュ 2」 に引き続き、「リネージュ」 の世界観を受け継ぐ 3番目の作品となる。
当時スラッシュアクションを強調した MMORPG を標榜として、
マウスをドラッグすればスキルが出るなど、新しい操作を取り入れたのが特徴だった。

モバイル バージョンの場合、NCsoft 北米スタジオにて開発中と言われており、
オンラインバージョンとサービス開始時期を合わせる予定と言われている。


リネージュエターナルの次に期待を集める作品は、「ブレソモバイル」 と 「アイオン レギオンズ」 だ。
NCsoft IP を活用したモバイルゲーム 「リネージュ 2 レボリューション」 と、
「リネージュM」 がモバイルゲーム市場で歴代級の興行を収めた過去がある為、
他の NCsoft IP の出撃に、関心が集中している状況でもある。

当初、「アイオン レギオンズ」 は 2017年 2分期にソフトをローンチした後、
3分期に北米・ヨーロッパでサービスを開始する予定だったし、
「ブレソ モバイル」 の場合、MMORPG ジャンルで今年中に出して、
サービスを開始する事を目標にしていた。


先立って公開されたラインナップ以外にも、完全新作が公開される可能性も排除できない。
NCsoft は内部的に多くの新規プロジェクトを進行中だという事で有名だ。

「ワイルドスター」 や 「ギルドウォーズ 2」 など、北米スタジオによる新作や、
「リネージュ」 や 「アイオン」,「ブレイドアンドソウル」 のナンバリングタイトルなど、
外伝的な次回作が出る可能性も、排除する事はできない。

或いは、「MXM」 の様な自社 IP を活用したスピンオフ新作や、
VR や AR など、今まで進出していない分野の新作を発表する可能性もある。


NCsoft 新作発表会は、来る 11月 7日(火)午後 2時に開催される予定だ。

投稿者 (む) : 2017年11月 2日 17:44

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る