勝ち点制でもっと緊張感溢れる大会演出!16強進出者インタビュー

« 日本、ハロウィン頭装備が近々登場か?公式ツイッターアイコン変更 | トップページ | 今度は白い制服だ!比武大会観覧チケットの特典 公開 »

2014年10月19日

勝ち点制でもっと緊張感溢れる大会演出!16強進出者インタビュー [ 比武大会 ]  

10月 18日、ブレソ e-Sports 韓国最強者戦の 64強予選初日の日程が
終了して、まず 8人の選手が 16強舞台へと名前を上げる事に成功した。

最初に進行された公式大会の舞台、3組目では再競技の末に進出者が
選ばれたり、4組目は 1 ~ 4位に登録された選手が全て 5勝 2敗という
勝率を記録した中、1点ずつの勝ち点差を記録する様になったりして、
し烈な現場の雰囲気を見る事が出来た。

この様な中、16強への切符を手に入れた 8人の進出者。
プロフィール写真撮影の為に席を移す前、勝利を収めた喜びと、
これからの覚悟を聞いて見る席が用意された為、少し話を交わしてみた。
以下は 16強進出者 8人のインタビューだ。

inven






Q.16強進出おめでとう。現在の気持ちがどうですか?

A.16強に上がって、とてもいい気分だ。
  魔道士戦が大変で、魔道士は諦めて他のクラス戦を集中して演習して来たが、
  この戦略と今回の大会から適用された勝ち点制がかみ合って、良い結果に繋がった様だ。

A.公式大会は初出場なので、入賞までは望まずに出場した。
  しかし、16強に入る様になったので、とても嬉しい。言葉では表現しにくい心境だ。

A.上にあがったので文字通り気持ちいい。
  競技をする時、あまりに緊張した為、私の実力を発揮する事が出来なかった。
  次の 16強競技からは、もっと良い姿をお見せ出来る様に演習を繰り返します。

A.大きな競技に初めて進出したが、16強進出という成績を収める事が出来て光栄だ。

A.勝ち点 1点でやっと上って来たが、進出出来たら出来たで気持ちが良い。
  上がる事が出来ないのでは無いかと思ったが、上って来る事が出来た。
  確実にはいかないと思うが、今後も良い結果を見せられる様にしたい。

A.今回はあまりに緊張で震えて、16強にギリギリ上がる事が出来た。
  それでも結果的には良かった為、気持ちが良い。
  次の時は震えずに、良い姿をお披露目出来る様にする。

A.今まで大会を弛まず出場して来たが、いつも良い成績を収める事が出来なかったし、
  今回も負担になる事が大きかった。ただ、今回は対戦の運が良かった。
  魔道士戦を放棄して、違う職業戦を練習したのが大きく役に立った様だ。
  折角上れたので、もっと熱心に練習して良い成績を収められる様にする。

A.公式大会は初めてだが、16強に上って来る様になって気持ち良い。
  魔道士戦だけ練習したが、結果的に好材となって作用した様だ。
  勝ち点 1点差で進出する事に成功したが、もっと上手になる様に努力する。


Q.大変だった選手や職業はありましたか?

A.氷結と凍傷などにより、魔道士戦がとても大変だ。
  最近吸功と凍傷が重複される様になった変化により、魔道士戦が更に難しくなった。
  16強では魔道士に会わなかったらと思う。答が見えない。

A.うちの組には暗殺者がいない。
  個人的に一番難しいクラスを示せと言われたら暗殺者だと思っているが、
  組み合わせの運が付いて来てくれた様だ。

A.剣術士にとっては、魔道士との相性関係が明確だ。その為、魔道士戦が一番難しい。
  組内部では初競技で魔道士の選手に 2敗したのが一番悔しかった。
  震えて何もする事が出来ない状態で負けた。

A.召喚士戦が一番大変だった。
  HP を減らす事がとても難しくて、堪える事が出来なかった。

A.魔道士がとても大変だ。脱出技を避ける為の心理戦が必要無い職業であり、
  クラウドコントロール技即発,移動不可維持に防御不可技、脱出技も多い。
  とても力強いので、パッチを期待したい。

A.暗殺者戦が一番難しかった。その次は拳闘士だ。
  実は現在、拳闘士が進撃拳が使われない問題があるが、
  これが勝利に重要な役目をしたようだ。
  問題が修正されたら、拳闘士が魔道士を相手をするに値すると思う。

A.ダメージ量判定に移れば、所謂 「堪える」 職業である召喚士と滅砕士が最近大変だ。
  暗殺者も、堪えるプレイをする魔道士がとても難しい。
  事実パッチをしてくれない事には、明確な解決法が無いと感じられる水準だ。

A.剣術士にとって、魔道士戦は本当に難しい。
  それ以外の今日競技では、召喚士戦が一番難しかった。


Q.16強戦に臨む覚悟の言葉をお願いします。

A.上がっただけに熱心にプレイするでしょう。
  16強までは、率直に対戦の運がカギになると見ている。
  ゲームというのは運が付いてくれなければならなかったりもする。
  チームに暗殺者が入って来て、魔道士を倒してくれて、容易に進出出来るシナリオが最上だ。

A.率直に初の大会進出なのでぎこちなかったりして、
  地方に住んでいる関係上、移動や大会環境等、多方面でも大変な部分が少しあった。
  それでも最善を尽くして、良い結果を出せる様にする。

A.IDEPS チームが創立されてから初の大会だ。
  惜しくも仲間の選手が脱落したが、多くの選手が進出に成功した。
  仲間に優勝者が出ると信じて、16強でも更に力強い姿をお披露目したい。

A.地方に住んでいる為、環境が少し劣悪で大変な面がある。
  それでも一応熱心にプレイして、8強へと進出する事を目標にしたい。

A.16強には、既に魔道士が 2名いる。目の前がまっ暗だ。
  魔道士だけ避ける事が出来れば、他のクラスは誰が来ても勝ってあがれると思う。
  組合わせで運が付いて来てくれる事を期待したい。

A.今まで練習した分、良い成績を収められる様、熱心にプレイしたい。

A.魔道士と暗殺者だけ出会わなければ良いと思う。
  召還獣は今命中がとても低くて、攻撃をする時に自動遮断、自動回避がよく浮かぶ。
  今日の様に攻撃が外れる場合無しにいければ、良い成績を出す事が出来るでしょう。

A.魔道士さえ出会わなければ大丈夫だろう。
  もちろん、召喚士も大変ではあるが。
  それでも熱心に努力して、16強の舞台で良い姿をお披露目したい。



●「魔道士を避けたい」 韓国最強者戦 16強 進出者 2日目残り 8人インタビュー

19日、ソウルで開かれた韓国最強者戦オフライン予選 64強 2日目、
16強に進出する残りの 8 選手が確定された。

この日の競技では、以前の比武宴で受賞記録がある魔道士プレイヤー等、
既に名前の知られた選手たちが多数出場して、選手たちの負担も大きい状況だった。

また、64強予選戦は 8人ずつ、1つのグループを形成して、
選手毎に競技当たり 3戦 2先勝制で、総 7競技を行うというきつい日程が繋がった。

まったく同じ勝敗でも、勝ち点 1点差で順位が行き違う様になって、
本選進出可否が変化する等、喜びと悲しみが行き交ったりした。

結局、長期間のし烈な合戦が開かれたのち、本選進出確定の 8 選手が決定された。
彼らに今日の競技感想と、これからの覚悟に対して聞いて見た。

ゲーム朝鮮


Q.16強進出おめでとう。感想をお願いします。

A.今まで出場した比武大会では、毎回成績が不振だった。
  この様な戦績の為か、競技の中では結構負担になった。
  今回は幸いにも 16強に進出出来た為、気持ちが良い。

A.16強に上って来たのは、とても気持ち良い。
  惜しい点があるなら、とても余裕が無く上がる事が出来たという点だ。

A.非常に気持ち良い。

A.本選に進出した事自体は嬉しい。ただ、最初の競技のリン剣術士戦において、
  重要スキルが相次いで自動回避,自動遮断が発生して、連携が切られた。
  結局この為に競技結果がひっくり返ったが、eスポーツ化をするのであれば、
  運で競技結果が変わる様になるというのは、非常に惜しい部分だと思う。

A.特別に感想は無い。そのまま気持ちが良い!

A.初めて対戦表に接した時、予選脱落を予想した。
  7組には有名な方々が多数出場していた為、自然と緊張した。
  それでも参戦したからには熱心に戦おうとだけ思ったし、結果的に上がる事が出来た。
  相手の自動遮断や自動回避があまり浮かばなかった事も、勝利の理由の一つだ。

A.本選 16強に進出出来て、とても気持ちが良い。
  同じチーム(IDEPS)の仲間が本当に熱心に準備したが、脱落したので悲しい。
  彼らの分まで熱心に競技に臨む。

A.一応本選に進出して、気持ち良い。
  現在、暗殺者は相手の自動回避や遮断が発動する有無により、勝敗が変化している。
  比武でこの様な運が掛かる要素は、改善が必要だ。


Q.一番大変だった相手や職業は?

A.現在剣術士は、魔道士と相対する事がとても難しい。
  その為、同じ組で正面対決を繰り広げた魔道士ユーザーとの勝負が、一番大変だった。
  それでも残り競技に勝って、本選へと進出する事が出来た。

A.拳闘士は剣術士と相対しにくい部分がある。
  その上、同じ組には正面対決を繰り広げた同じチームの剣術士がいる。
  普段の私を良く知っていた為、とても難しかった。

A.魔道士と相対するのが一番大変だ。
  ただ、今日は回避と遮断がよく発動した為、辛うじて勝った。

A.リン剣術士が一番相対しにくい。
  リン剣術士の疾風修練には、攻撃中に遮断確率 20% 増加があって、
  これが競技結果に与える影響が大きい。
  回避や遮断で 「運」 が勝負に影響を与えており、この様な要素はナシにして、
  お互いの 「実力」 を競う様にして欲しい。

A.やはり最近の難敵は魔道士だ。魔道士と相対するのが一番大変だ。

A.魔道士の立場では、暗殺者と相対する時が一番大変だ。

A.同じチームの選手と相対する時が一番大変だった。
  競技前から会いたくなかったが、今日は同じ組に編成されたし、結局彼には負けた。
  それでも 8組には魔道士が居なかった為、残り競技は全て勝利する事が出来て、
  本選へと進出する事が出来た。
  他職業も魔道士と相対する事を苦しがるが、滅砕士は特に魔道士との相対が難しい。
  実は、勝利する事自体が本当に大変だ。

A.私も魔道士を相対しにくい。
  最初の頃は、暗殺者は魔道士と相対しやすいという話もあったが、
  時間が経つと間違いだったという意見が沢山出て来たし、
  暗殺者という職業自体、比武プレイが少し単調である為、
  ある程度水準以上のプレイヤーにおいては、魔道士とは相対しやすくない。
  実は実力的な部分よりは、回避が勝敗を握っている。
  運に寄り掛からずに、真の実力で魔道士と競う事が出来る様、変化が必要だ。


Q.16強を前にして臨む覚悟をお願いします。

A.他の人より対戦の運が良かったらと思う。
  魔道士は避けたい。魔道士に会わなければ優勝出来る自信がある。

A.優勝も良いが、目標は韓中戦の出場だ。必ず進出してみたい。
  現在は優勝より、4強戦進出が目標だ。

A.16強戦、本当に熱心にプレイしたい。

A.魔道士が以前より楽しくなったので、良い成績を期待している。
  確かに滅砕士の様な近接戦に特化されたキャラクターは、魔道士と相対しやすくない。
  結局は、対戦の運によって、もっと高いラウンドへと行く事が出来るでしょう。
  選手の力量によって勝負が決まる比重がもっとも大きいので、
  熱心に努力して、良い結果を出せる様にする。

A.やっぱり熱心にプレイする事以外に答は無い。

A.本選 16強に進出したので、もっと熱心にプレイして、上位ラウンドに上がりたい。

A.最終目標は当然優勝だが、一応 4強戦進出を目標にするつもりだ。

A.一応現実的な目標は 4強戦進出で、可能であれば優勝もしたい。
  私も対戦の運が集まって欲しいと思う。

投稿者 (む) : 2014年10月19日 20:52

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る