韓国、12月 29日に 「太天冥王」 初クリアチーム現る
●発売日カレンダー
・18年 7月 13日 [Switch] オクトパストラベラー
・18年 8月 2日 [3DS] 世界樹の迷宮X
・18年 8月 30日 [PS4] サイヴァリア デルタ
・18年 9月 27日 [PS4] 勇者ネプテューヌ

« 1月 3日アップデート案内 | トップページ | NVIDIA、CPU の脆弱性に対策する GeForce ドライバを公開 »

2018年1月 7日

韓国、12月 29日に 「太天冥王」 初クリアチーム現る [ SEASON3-3 太天王陵 特集 , SEASON3-4 火龍 特集 ]  

難攻不落と思われたブレイドアンドソウル 「黄昏の聖殿」 最後のボス、
「太天冥王」 が、12月 29日の夜明け、初めて倒された。

なお、中国では 1日前に初クリアチームが登場しており、
韓国でこの業績を達成したのは、傾国之色サーバーの中年戦線チームとなった。

inven





太天冥王は、その戦略構成の難易度と、幾多のバグとの戦いでもあったが、
ようやく最後の一歩を踏み出す事に成功し、初クリアの栄誉を抱く事になった中年戦線チーム。
inven では、彼らのリーダーたちに会って、インタビューを行った。



Q.太天冥王ファーストクリア、おめでとう。感想を一言ずつお願いします。

A.とても 「汚い」 ボスだった。トライしている途中も大変だった。
  完成されたままサービスが提供されていたら、本当に良く作成したと思えたが、
  現在の印象は 「面白かった」 と言うには難しい内容だったと思う。
  それでもクリアする事はできたので、肩の荷が下りた感じだ。

A.目に見えないダメージ床が大変だった。
  それでもクリアできたから良い事だ。

A.実際には、とっくのとうに倒されていなければならないレイドだったと思う。
  バグのせいで、とても大変だった。43歳になる前にクリアできて幸いだ。

A.最初から完成されたボスであったなら、もう少し楽しく進行できたと思う。
  一応倒す事ができたので、気分は良い。

A.三ヶ月、終始チーム員たちに苦労をさせてしまって、すまないと思っている。
  苦労したチーム員たちも、休める様になって幸いだ。



Q.チーム名が中年戦線ですが、年齢がチーム名の由来ですか?

A.年を取ったおじさんたちの奮闘記の様な感じで作ったチーム名だ(笑)


チーム名の核心的人物に落ち着いているプレイヤー(42)



Q.待ち焦がれた初クリアですが、アイテムは何がドロップしましたか?

A.太天冥王の光背。

A.衣装は 「天佑信条」 がドロップした。チームの拳闘士さんが装着している。

A.宝貝は銃撃士と双舞士の宝貝 8番と、拳闘士 7番が出た。
  双舞士と銃撃士の宝貝は、クリティカル&命中が付いた。



Q.太天鋼により、すぐには武器製作が難しいと思われますが、光背の入札価格は幾らになりましたか?

A.入札価格は 15万金だった。
  1段階の製作はすぐにでも可能だが、太天鋼を 40個を集めて 3段階を製作する予定だ。
  打数の少ない邪術士が魂輪武器 9段から太天武器 1段を作ると、
  得する部分はあんまり無い。その為、急にはアップグレードしない予定だ。


武器製作は太天鋼が集まるのを待ってから。



Q.バグ盛り沢山で未完成だと言われていた太天冥王に、ずっとトライし続けたキッカケは?

A.1NM ~ 3NM までのファーストキルを取った後、挑戦し続けていたが、
  ゲームを止める事になったプレイヤーの意志を、引き継がなければならなかった。
  彼が残してくれた遺産でトライを続けたし、バグも何時かは直ると思った。
  ずっと進行していた訳では無く、週 3回位弛まず挑戦している中で、
  難所突破の目安ができたのなら、攻略時間を増やす形態にて進行した。

A.細かいバグがあった時から、1日 12時間ずつ、長い時間をトライして来た。
  中国が全世界ファーストキルを達成したが、中国に太天冥王が実装された時は、
  大きなバグが修正された状態だったし、この時から攻略に乗り出した中国チームを
  追い掛ける事は大変だった。そのまま私たちのペースを維持した。

A.うちの場合、最初の月間はバグと人員入替などを理由に、挑戦はそれほど熱心に行わなかった。
  そんな中、他チームの手助けを沢山受ける様になりながら、日程を進行してきて、
  12月の月末前から攻略の進捗が進む様になりながら、12月 29日の夜明けに、
  韓国初キルを達成する事ができた。

A.まだバグは多いが、私たちは自分たちの方式で、攻略法を探した。
  他チームの様な Q&A の役目をしたくは無い。彼らが直接問題を探すと良いでしょう。

A.正直なところ、ある程度のバグが全て修正された後で進行したかった。
  それでも 1つ歳を取る前に挑戦してみようという考えを元に、挑戦に参加した。

A.序盤の多くのバグによって挑戦の効率が落ちて、多くのチームが疲れた様だ。
  それでも日程進行上で不可能な水準では無かったので、弛まず挑戦して来た結果、
  今日という日を掴む事ができた。


テツブカイを吹っ飛ばす快感!長い挑戦の結果、成果を記録する事ができた。


Q.聖殿の支配者イベント期間内には、結局クリアチームは出なかった。
  当時はクリア不可能だったと思いますか?

A.難しかったと思う。

A.問題が多かった。ランダムに発生する即死パターンや、
  バフも一部は残して、一部は消えなければならないのに、適用されなかった部分、
  イベントゲージが話にならない速度で満杯になった部分などの問題の為、
  5時間以上挑戦しても、1時間挑戦するのと似ている効率のままだった。
  進捗なんて無かったよ。

A.火竜アップデート後に適用された修正が、クリアに大きな影響を及ぼしたが、
  これも前日まで挑戦した戦略では進行が不可能になって、調整が大変だった。
  現実的に修正前では、大部分のチームがクリア不可能だったと思う。

A.バグがあまりにも多かったので、これが正常な進行なのか、
  それともバグなのか、認知さえ疑心する状況だった。
  パッチ毎で攻略に必要な戦略も強制的に変更された為、
  毎週他のボスに挑戦している気持ちだった。
  吸収ダメージが入らないバグも、発生したり、しなかったりしていたし。
  その週は、一日も進行がまともに進行されなかった。

A.挑戦しようと集まってから、ダメージが入らないバグが発生した事もあり、
  そのまま解散するハプニングもあった。

A.バグを直したと言っていたが、実際には直っていないケースもあった。


イベント期間中に太天冥王を倒すのは事実上不可能だっただろうと話す。



Q.難しい点が多く見える。それならば話題を変えましょう。
  3NM の 「猛炎蠍」 は攻略しているチームが多い状態ですが、
  猛炎蠍と太天冥王の難易度は、比べてみるとどう感じましたか?

A.弱体化前の猛炎蠍よりは簡単だ。
  一方、戦略を組むのに頭を使わなければならない部分に対しては、太天冥王の方がずっと難しい。
  ギミックを全員が理解しなければならないし、バグの問題もある為、悩みをたくさんしなければならない。
  攻略方式の決定だけで、4時間は頭を抱えて悩んだ。
  ただ、組み上がった攻略を見てみると、戦闘時の動線や役割の遂行は、
  弱体化の猛炎蠍よりは、確実に簡単だと思える。

A.最初の猛炎蠍よりは簡単で、現在の猛炎蠍とは似ている水準だと思う。
  全てのギミックを理解している必要がある為、戦略を組む過程が非常に複雑だ。

A.映像と音声、動線など、色々な視点で全て公開したので、詳細な攻略を書かなくても、
  後発チームが付いて来るには十分では無いかと思う。
  攻略もゆっくり考えると良い。とても難しいので。



Q.攻略において、「鍵」 となるものがあったりするのですか?

A.これといった鍵は無い。ただ、双舞士が非情に重要だと思う。
  戦闘中に致命的なバグが 1つあるが、それを乗り越える為にも、
  双舞士の存在が非常に重要だ。

A.召喚士の応援も役立つ。


やはり万能!双舞士がいると円滑なクリアが可能だと話す。



Q.攻略を難しくした要因を挙げると、何になりますか?

A.チームの双舞士。

A.チーム員。

A.残り 1% で全滅を引き起こした 3人のチーム員。1人は違うと否定している。

A.まぁそれは冗談で。ダンジョン攻略自体がパズルになっているので、
  試みてダメなら戦略をまた練って作るという過程自体が、大変だったと思う。

A.戦闘全般を理解すれば、戦略の修正もすぐにできる。
  チームディーリングによって変えなければならない事もあり、
  ディーリングができない区間や、特殊パターンの後、
  どんな攻撃を行えば進行が有利になるのかも、全員が把握しなければならない。
  特に、DPS 要求値は非常に高いので、攻撃できない時間まで勘案してみると、
  難しい点が多い。

A.見て貰えれば分かるが、DPS 要求値は非常に高い。
  一人 DPS が高い方が居てくれたので、よくカヴァーできたのだと思う。
  0.5秒単位まで活用して、ミスなくディーリングを入れなければならない。


上位ランカーたちの間では既に有名な方。その方の DPS が決定的だった。



Q.残り時間 4秒 で倒したという事が伝わっています。
  太天冥王を倒す為の最小スペックは、どの位なのでしょうか?
  ホン門ポイントのセッティング部分などに対して、お伝えする事があれば。

A.現時点では、真 光輝霊珠 + 闘神魂核 5段階の人員が、半分以上は必要だと思う。
  残りの人員も、真 光輝霊珠に蒼龍魂核くらいはあると、DPS 要求量を合わせられるでしょう。
  ホン門ポイントの場合、実は攻撃力に投資しても問題があって、
  バグによる生存問題により、防御 80 ポイントが強制される部分がある。
  このせいで、装備制限が上がったのだが、バグが修正されれば、
  DPS 要求量ももう少し低下するだろうと思う。

A.私たちが知らない他の方法が無いのであれば、それ位は揃える必要があるでしょう。
  ただ、私たちはキャラクター性能を 100% 全て解放できるチームだと思っていなくて、
  私たちの基準では、それだけの装備が必要だったと考えて頂ければと思います。



Q.インタビューありがとうございました。最後にお伝えしたい事があれば。

A.前回東方プロジェクトを宣伝したらカットされた。
  「超次元ゲイム ネプテューヌ」オススメです!

A.うちの門派をよろしく!

A.闇滅砕士の打数と執行の改善をお願いします。
  闇滅砕士少ないのでもっと増えて!

A.特にないです。あ、武器作れる様に太天鋼 30個だけ下さい。

A.良いチーム、良い方々と共にする機会があって良かった。
  熱心に挑戦し続けた結果、ファーストキルを果たせる様になりました。
  他のチームの方々も苦労すると思いますが、頑張って欲しいと思います。

投稿者 (む) : 2018年1月 7日 15:28

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る