神功牌はレイドダンジョンへ!「灰の黒死門秘密拠点」 追加、及び、統合伝説ダンジョン登場!
●発売日カレンダー
・2/25 [PS4] ELDEN RING エルデンリング
・3/4 [Switch] TRIANGLE STRATEGY
・3/25 [Switch] 星のカービィ ディスカバリー
・7/22 [Switch] LIVE A LIVE HD-2Dリマスター

« 11月 18日アップデート案内※新規伝説12人ダンジョン「灰の黒死門秘密拠点」実装!新規伝説武器,新規伝説宝貝,新規伝説秘孔牌,新規伝説神功牌 ドロップ 他 | トップページ | 11月 19日アップデート案内※バグ修正 »

2020年11月22日

神功牌はレイドダンジョンへ!「灰の黒死門秘密拠点」 追加、及び、統合伝説ダンジョン登場! [ SEASON5-4 灰の黒死門秘密拠点 特集 ]  

ブレイドアンドソウルに、新規 12人伝説レイドダンジョンである、
「灰の黒死門秘密拠点」 が登場した。

灰の黒死門秘密拠点は、鉄の箱船より上の新規レイドダンジョンであり、
ドッカルと黒月魔女という 2体のボスモンスターが登場する。


新規 12人レイドダンジョン 「灰の黒死門秘密拠点」 が追加!


今回のレイドダンジョン最大の特徴は、
今まで無限の塔でのみ需給されて来た 「神功牌」 が、
レイドダンジョンに編入されたと言う事にある。

1ネームドである 「ドッカル」 からは、
既存レイドダンジョンでドロップしてきた 「秘孔牌」 の他に、
確率で 「伝説神功牌」 もドロップする様になっているのだ。

このドロップ神功牌は、無限の塔で英雄神功牌を得た後、
2つを合成して製作する伝説神功牌より、力強い効果を保有している。


また、ネームドが 2体だけ登場するダンジョンである為、
今回のレイドでは、新規首飾りが登場しない。

最近 「ムーメイ」 が登場するソロ ID 「冥土楼閣」 が実装されて、
その主要ドロップとして 「破天首飾り」 が追加された事もあり、
職業別の武功強化首飾りは、今後 12人ではドロップしない様に見える。

inven



・侵入方法

灰の黒死門秘密拠点に挑戦する為には、
まず 「外伝:黒死門隠居地」 クエストをクリアする必要がある。

メインクエスト 「11幕 6章」 を完了したキャラクターは、
書信(J キー)を通じて該当の外伝クエストを受注する事ができて、
短い外伝クエストを完了すれば、灰の黒死門秘密拠点に進入できる様になり、
本格的な戦闘を行える様になる。


新規ダンジョンの報酬は、
「神功牌」,「秘孔牌」,「武器材料」,「宝貝」 に限定されている。


・無限の塔から移動して新規登場した 「伝説神功牌」

まず、レイドに初編入した 「神功牌」 だ。
1ネームド 「ドッカル」 処置を通じて獲得する事ができるこの神功牌は、
「九天」,「中天」,「明天」 の 3種類が存在しており、
それぞれが第一 / 第二 / 第三覚醒用の神功牌になっている。


九天 / 中天 / 明天は、全て各職業の覚醒系列別に、
一番よく使われている伝説神功牌の強化版オプションを保有していて、
例えば暗殺者の明天神功牌は、旦金 + 新土効果を基準に、
「降魔攻撃力」 と 「クリティカル確率」,「クリティカルダメージ向上効果」 が
追加で提供されている形式だ。

なお、自主的に 2つの神功牌を合成した、
無限の塔の伝説神功牌と等しい効果を保有しているが、
神功石を活用した合成を行う過程は必要ない。


また、覚醒 第三系列専用だと言える 「明天神功牌」 の場合、
現在 第三系列が実装されているリン剣術士までのアイテムが存在する。

この為、現在第三系列が追加されていない職業は、
第1,第2系列を選択しなければならない。

もし、これら職業に第三系列が追加される場合には、イベントなどを通じて、
神功牌を無料で変換できる機能が提供されると予想される。


・死花等級の中身が強化された新規 「伝説秘孔牌」

「伝説秘孔牌」 も、既存死花等級秘孔牌の、強化バージョンと見られる。
発動効果自体は大きな差は無いが、20秒の再使用時間を持つ、
非常に力強い発動ダメージが追加されたのが特徴であり、
種類は神功牌と等しく 「九天 / 中天 / 明天」 の三種類が用意されている。


新規追加された 「発動ダメージ」 は、クールタイムが長く設計されており、
職業別の打数による影響値は少なく、全ての秘孔牌が等しいダメージを保有している。

基本的に攻撃力の 16,000% ダメージを与えると共に、
この時 「毒素効果」 を 1累積ずつ累積させる。
毒素効果が 10累積 まで貯まれば、「劇毒効果」 へと変換されて、
この状態で追加ダメージ効果が発動すれば、
攻撃力の 9,000% の追加ダメージが発動する様になる。


毒素効果の場合、再発動制限が 20秒、デバフ維持時間が 20秒という事を勘案すれば、
一人で劇毒効果を作る事は不可能に設計されていると見える。

即ち、追加ダメージ効果を発動させる為には、
パーティー内、または、チーム内に最小 2名以上の秘孔牌保有者が必要だ。

つまり、この秘孔牌は、パーティーを組む事で真価を発揮する物であり、
所持している人数が多ければ多いほど、最初の 10回発動ダメージ後の区間で、
持続的に追加ダメージが発動していく様になる事が期待される。


・2ネームド 「黒月魔女」 からは武器材料がドロップ!

2ネームドと同時に、ダンジョンの最終ボスである 「黒月魔女」 からは、
雪風武器の上位である 「黒月武器」 材料を得る事ができる。

黒月武器は、現在 1 ~ 6段階が追加されており、
龍殲の上位 Tier が存在しない現在、ただ雪風武器を通じてのみ進化させる事ができる。


武器自らの能力値は、特別に変化した内容は無い。
武功別基本追加ダメージ、及び、功力向上効果は死花,雪風武器と等しく、
打数累積時に発動される追加ダメージの割合だけが高くなる。

事実上、1 ~ 6段階は、全て特別な能力値の上昇は無く、
基本攻撃力とクリティカル,命中だけが上昇する物となっている為、
財貨が不足しているなら、アップグレードはゆっくりでも構わないだろう。


黒月魔女を倒した後に材料を得られれば、雪風武器を黒月武器に強化できる。


黒月武器に装着する事ができる、「黒月凝気石」 も同時に追加された。
雪風凝気石と同じく、黒月武器にも 1つのスロットを追加する事ができて、
ここに凝気石を装着して、古代等級基準 特定武功の武功強化ポイント各 2点を入手し、
武功効果を高める事ができる様になる。

凝気石は、黒月魔女を倒せば確率で獲得する事ができる他、
迅龍商工 NPC から交換する事も可能だ。

凝気石は、最上級,英雄,伝説,古代までの 4種類が存在しており、
等級によって降魔攻撃力 28 ~ 55,クリティカルダメージ 281 ~ 550 を、
基本能力値として引き上げてくれる。


黒月武器に装着できる 「黒月凝気石」 は、
古代基準で各 2点の武功強化ポイントを提供する。


・新規 「伝説宝貝」 も追加!

これ以外に、「ドッカル」 と 「黒月魔女」 を倒せば、「黒月宝貝」 を得られる。
黒月宝貝は、雪風宝貝の上位互換であり、既存宝貝と能力値の分配自体は等しく、
数値だけが上昇した物だと理解すれば良い。

なお、ドロップする宝貝の番号は、1ネームドから 「1 ~ 5番宝貝」 を、
2ネームドから 「6 ~ 8番宝貝」 を獲得する事ができる。


「黒月宝貝」は、雪風宝貝の上位等級で、武功強化効果は数値だけが変化する。


・統合レイドダンジョンの追加!

今回のアップデート以後、「統合伝説ダンジョン」 が追加されて、
全サーバーの人員が、同時にレイドダンジョン攻略に挑戦できる様になった。

当方伝説ダンジョンは、現在 「鉄の箱船」 と 「灰の黒死門秘密拠点」 の、
2箇所を利用する事ができて、各ダンジョン前に位置している統合天脈を通じて、
統合広場へと進入する事ができる。


統合伝説ダンジョンの登場は、伝説ダンジョンの挑戦、及び、
ファーミング チームを構成する時、サーバー制約がほぼ消えたという事を意味する。
求人,求職をする時、自分のサーバーに限定されなくても良くなった為、
時間の合うチーム、条件に当たるチームを求める時、幅広い範囲を探せる様になった。

この方式はサーバー統合とは異なり、フィールド狩り場に過度な人員が集まったり、
サーバー内の勢力構図がもつれて、紛争が発生する事が無い為、非常に有効だ。


鉄の箱船と灰の黒死門秘密拠点の前の統合天脈を利用する事で、
統合伝説ダンジョン広場へと移動する事ができる。


ただ、統合伝説ダンジョンを利用する前には、
この統合伝説ダンジョンの 「特徴」 を把握しておく必要がある。

統合広場では、
パーティー / チーム生成,招待,サポート可能 / ダンジョン帰属が、
「チーム単位」 ではなく、「個人単位」 で適用される。

また、進行状況が他の人員は、一緒にプレイする事が 「不可能」 であり、
個人取引も 「不可能」 だ。


まず先に、統合伝説ダンジョン広場では、他の一般広場と異なり、
パーティー、及び、チームを生成して招待したり、支援する行動が全て 「可能」 だ。

実際に統合天脈で伝説ダンジョンを選択すれば、
特にパーティーを結成する過程も無く、すぐに広場に移動する事ができて、
この広場の中で、チーム員を招待するという、一連の過程を遂行する事ができる。

また、竜柱も用意されており、以前よりも楽に人員を募集可能だ。


統合伝説ダンジョン広場内でチームを結成可能だし、竜柱も利用できる。


さらに、統合伝説ダンジョンでは、ボスをクリアした時、
進行状況が個々人別々に帰属される様になって、
進行状況が同じ人員たち同士で、攻略を進行できる様になる。
これにより、チーム構成において差別化される部分が発生する様になった。


まず、互いに違うチームでボスを倒していたとしても、
進行状況が同じであれば、チームを結成する事が可能になる。

例えば今までの場合、A チームで活動する 「太郎」 と、
B チームで活動する 「花子」 は、それぞれ 1ネームドを倒して終了している時、
チームに縛られたままダンジョンに帰属される為、
同時に次の 2ネームドに挑戦する事はできなかった。

しかし、統合伝説ダンジョンでは、このチーム単位のダンジョン帰属がない為、
2ネームドを倒していない太郎と花子は、2ネームド討伐チームを組む事ができる。


一方、互いに進行度が異なる人員の場合は、パーティーに流入させ辛くなる。
これにより、特定ネームドだけ他職業キャラクターを活用させるプレイは難しくなり、
所謂 「お客様(アイテム購入者)」 を呼ぶプレイには制約が生ずる様になる。

現在、韓国で 「お客様(アイテム購入者)」 を求める場合には、
大部分必要なアイテムが欲しいネームドにて、お客様を募集する形となっているが、
もし、お客様が 1ネームドをクリアしておらず、2ネームドのアイテムだけ必要な場合、
伝説統合広場で合流する事は不可能だ。

まとめると、統合伝説ダンジョンでお客様を募集する際には、
攻略可能な全てのネームドで、アイテムを購入するお客様を求める事になる。


これを勘案すると、伝説統合広場は、お客様をターゲットとするチームより、
攻略自体を優先する挑戦期間に統合伝説ダンジョンを活用して、
求人,求職を容易にさせながら戦闘を進行、、
以後、パターン進行が容易になって、アイテムファーミングに突入すれば、
サーバー内でお客様を求める為にチームを立てるのが、金銭獲得に有利となるだろう。

ただ、急にお客様を呼ぶ様になると、チームの方向性がズレて脱退者が出たり、
ギスギスした雰囲気が形勢される恐れがある為、
必ず前もってチーム内で協議を行う事を忘れない様に。


統合伝説ダンジョンでは、進行状況がチーム単位ではなく、個人単位で帰属される。
この為、進行状況が同じなら、他チームでネームドを攻略した人員も合流できる。


最後に、現在の統合伝説ダンジョンには、少し致命的な短所がある。
統合広場、及び、伝説ダンジョン内部で、個人取引が不可能だという点だ。

攻略を優先視する最上位チームの場合、アイテムをチーム長が直接指定したり、
順番制で支給して、他の費用が出費されないケースもあるが、
大多数の割合のチームは、基本 「ゲーム内通貨」 を通じてアイテムを競売する。

しかし、現在統合伝説ダンジョンでは、通貨取引が不可能となっている為、
お金を他者に渡す方法が無い。

この為、競売を終えた後、アイテム価格を支払う方法が無いのだ。

お金を受け取る人と、落札した人が、別々に一般統合ダンジョンに進入して、
お金を渡した後、再度チームに合流してアイテムを支給するなどの方式も取れるが、
時間があまりにも非現実的であり、以後各チーム員たちに分配する過程も苦痛だ。

これに関しては、追後機能が追加される予定だと公知されている為、
アップデート前までは、各サーバー内で攻略を進行する事をお勧めする。

投稿者 (む) : 2020年11月22日 15:05

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る