レベル 50「黒竜教地下監獄」2番目ボス 黒竜教受忍部隊長マゴルカ
●他サイトヘッドライン
« レベル 50「黒竜教地下監獄」1番目ボス 侵食された骨面族部族長プサカ 攻略 | トップページ | レベル 50「黒竜教地下監獄」3番目ボス 黒龍教幻魔団長 ジャーカン 攻略 »

2015年8月27日

レベル 50「黒竜教地下監獄」2番目ボス 黒竜教受忍部隊長マゴルカ [ BnS - ダンジョン攻略 ]

巨大ナマズと似ている外見をしているマゴルカは、ブカを倒した後、
龍血門を過ぎればある、円型の広い空間にて直ぐ出会えるボスだ。
経路上には黒竜教徒が 2人立っていたりするが、一般モンスターなので
あっという間に片付ける事が出来る。

inven





※記事内容の攻略は 1例であり、様々な攻略方法がある事をご了承ください。



・略式攻略

 - 部下が沸いたら速攻で処置!残っていると大ダメージを受ける様になる。
 - 濁気玉パターン時、ジャンプした後は合わせ技でスキルを中断させよう。


●攻略記事の見方
・攻略記事は段階別の詳細な攻撃方法と、それに対する攻略方法が記載されています。
ページの後半には要点だけまとめた項目がありますので参考にして下さい。
ページの最後には攻略動画が掲載されています。



マゴルカの全体的な戦闘進行は、
 - 一般攻撃パターン → 部下召還 → 一般攻撃パターン → 濁気玉召還 → 部下召還 →
  一般攻撃パターン → 濁気玉召還 → 一般攻撃パターン → 部下召還 にて進行される。

総 3種類の大きなパターンで区分する事が出来て、
全てのパターンはマゴルカの HP を基準にして進行される。

部下が召還された時と濁気玉がある時の対処方法だけよく理解していれば、
攻略自体は簡単に進行する事が可能だ。


部下召還パターンでの一番重要な点は、召還された部下 2体を最大限素早く倒して、
マゴルカが使うマゴルカ爆発のダメージを最小化しなければならないという点だ。
マゴルカ爆発は総 5回 連続で使用してきて、パーティー保護スキルを除けば、
抵抗する事自体も不可能であり、もし召還された部下が生き残っていたら、
そのダメージは更に大きなものとなる。

もし、部下が残っている状態でマゴルカ爆発を受ける様になれば、
部下 1匹に付きマゴルカに攻撃力バフが一つずつ重複されると共に、
マゴルカの HP が 50万 回復する様になる。


また、マゴルカが召還する濁気玉は、動く時と止まっている時でパターンが異なる。
動く時は修羅王の炎氷玉の様に接触時ダメージを受ける様になるし、
止まっている濁気玉は、接触しても何らのダメージは受けないが、
特定対象一人の動きを制限させる濁気束縛を掛ける様になる。

濁気束縛に掛かれば移動は不可能になるが、
旋風打撃や後方移動等で脱出する事が出来るし、遠距離攻撃判定になっている為、
煙幕や花弁の舞などで抵抗する事が可能だ。


マゴルカが、生成された濁気玉を発動させる行動をする様になったら、
15秒位内に全ての濁気玉を強制的に破裂させなければならない。
濁気玉は 防御 / 反撃 で経路を遮断すれば爆発する様になり、
もし、15秒が経って濁気玉が自動爆発する様になれば、全体ダメージ、及び、
ノックバックと共にマゴルカに攻撃力増加バフが付与される様になる(重複可能)



・ [基本攻撃パターン] 範囲攻撃と奇襲的なマゴルカ息に注意!

 - 基本攻撃パターン :
  = 振り回す,奇襲攻撃,回転斬り,マゴルカ息,マゴルカ強震中ランダム使用


マゴルカのパターンはブカと違い、攻撃速度&詠唱速度は特別に早くは無い。
パターン自体はランダムではあるが、使うパターンの種類が多様では無くて、
速度も遅い方の為、対処する事は大きく負担にはならない事が特徴だ。


振り回すは一番基本的な攻撃で、前方内の敵にダメージを与えるスキルだ。
奇襲攻撃は名前と違い、奇襲的に攻撃する訳では無く、振り回すと似ている速度で
攻撃してくる攻撃で、両方の攻撃はどちらも防御 / 反撃が可能だ。

回転攻撃は、身体を回しながら 3連打を加える攻撃で、最後の攻撃判定には
ノックバック,ダウン判定があるので注意しよう。回転攻撃も防御 / 反撃が可能だ。


回転攻撃は攻撃力が高く、3回目を食らうとノックバック,ダウンが発生する。


マゴルカ息遣いは、前方に魔気を吹き出す攻撃で、「ブレス」と称される攻撃だ。
防御や反撃は不可能であり、範囲は狭いが非常に長距離を覆う範囲攻撃なので、
注意しなければならない。
被撃されればノックバック,ダウンが発生して、正方向で転倒して後転が遅れた場合は、
連打で攻撃を受ける事になる為、気を付ける様にしよう。


これら以外にも、マゴルカ強震というスキルを使ったりする。
空高くジャンプして、遅れながら周辺に広域ダメージを与える攻撃だ。
ターゲット対象者に使用して、遠距離で無くても使用してくるパターンなので、
飛び上がる事を確認したら、距離を開けて回避した方が安全だ。


マゴルカ強震は対象が付近にいても使用してきて、範囲も広い。



・ [特殊パターン 1] 召還された部下を素早く倒し、マゴルカ爆発ダメージを最小化しよう

 - 特殊パターン 1 :
  = 親衛隊召還、及び、魔気注入 → ターゲット対象者にマゴルカ息 or マゴルカ連打 → マゴルカ爆発


マゴルカの特殊パターンは、部下を召還するパターンと、
濁気玉を生成するパターンに分けられる。


まず、部下を召還するパターンは、マゴルカの HP が以下に到逹した時毎に開始される。

 = 一般 : 70%,30%
 = 熟練 : 90%,50%,10%

パターンが始まれば、親衛隊を召還するという見出しメッセージと共に、
戦闘地域の両方端から部下モンスターが 2匹 登場する様になる。
以後、マゴルカはターゲット対象者にマゴルカ息 or マゴルカ連打を使用して、
まもなく 5連打の範囲攻撃であるマゴルカ爆発を使用してくる。


部下召還パターン攻略の核心は、召還された部下を早時間のうちに片付ける事だ。
これは部下を召還する時、マゴルカが使う魔気注入の為であり、
マゴルカが魔気注入を使うと、キャラクターに「マゴルカの機運」バフが生成される。

マゴルカの機運は、マゴルカ爆発のダメージを大きく増加させると共に、
マゴルカ爆発の初打撃から何も行動出来ない「衰弱」効果を発生する様にして、
攻撃面においても損失が発生する様になる為、必ず防がなければならない。


マゴルカ爆発は、1 ~ 4打目はダメージ量が 3,000 ~ 4,000 間で比較的弱い方だが、
5打目は 15,000 ~ 16,000 のダメージを受ける様になる為、初被害を抵抗したとしても、
最後まで食らえばとても大きなダメージを受ける様になってしまう。
なお、衰弱にかかれば、1打目から何も行動出来ない状態になってしまう為、
攻撃を抵抗する方法が無く、脱力状態になるのは必死だ。


これら理由の為、マゴルカの機運は必ず削除しなければならない。
マゴルカの機運を削除する方法は、正に召還された部下モンスターを全て倒す事だ。
部下 2体を倒す事に成功すれば、マゴルカの機運は消える様になって、
マゴルカ爆発の際、衰弱効果が発生せず、回避する事が出来る様になる。
自由に攻撃を続けられる時間を設ける事が出来る様になるのだ。


マゴルカの機運はマゴルカ爆発のダメージを高めてしまうデバフだ。


マゴルカの機運がある状態でマゴルカ爆発に遭えば衰弱になり、行動不可能に陥る。


2体の部下を全て片付ける事は容易では無い。
マゴルカは部下を召還した後、ターゲット対象者にマゴルカ注入やマゴルカ連打を使った後、
直ちにマゴルカ爆発を詠唱する為、部下を倒すには時間が迫って急だからだ。

部下を片付ける時間を稼ぐ為に使われている人気のある攻略法は、
滅砕士の掴み上げと拳闘士の空中押さえ込み、暗殺者のくもの巣を活用する方法だ。

部下を召還したマゴルカには、合わせ技を入れる事が出来る様になる。
滅砕士がマゴルカに対して直ちに 5秒 気絶コンボを活用して、
(地震 + 鉄壁などで気絶を入れた後、激突で状態異常時間を延長する)
時間を最大限引き延ばした後、掴み上げを使い、更に時間を稼ぐ。
残りのユーザー達は、片方に 3人,片方に 2人が付いて対応したり、
片方を素早く片付けた後、もう片方を片付ける形態にて、火力を集中させる。

素早く一匹を溶かすか、パーティー員が分かれて同時に撃破するかは、
選択的に運用すれば良いが、1人では時間以内にはとても倒す事は難しいので、
パーティー員たちの有機的な動きが重要だという事を周知しておかなければならない。


掴み上げ時間が終わる様になれば、滅砕士は天地返しでマゴルカを空中に浮かして、
部下を攻撃した拳闘士は素早く近付き、空中押さえ込みを連携する。
拳闘士がいないパーティーなら、空中押さえ込みの代わりに、空中のマゴルカに対して、
くもの巣を活用して時間を稼ぎながら、部下を片付ける様にすれば良い。


部下を片付ける間、マゴルカを一人で掴んでいる滅砕士の姿


この攻略法には注意点、及び、TIP が存在する。先に掴み上げのタイミングでは、
マゴルカのターゲット対象者がいない部下モンスターの方向へと移動する。

理由は掴み上げ → 空中押さえ込みや、掴み上げ → くもの巣連携が終わった後、
マゴルカはターゲット対象者に対してマゴルカ注入やマゴルカ連打を使用するが、
ターゲット対象者が戦闘地域の反対側にいれば、マゴルカはスキルを使う為、
移動する時間を稼ぐ事が出来るからだ。

部下モンスターが使用するスキルにも、注意が必要だ。
その中で重要度の高いのは、片方の部下モンスターが使う「怒り」だ。
「怒り」は「マゴルカを保護しなさい!」というセリフと共に使う広域気絶で、
遮断に失敗すれば、マゴルカを掴んだ滅砕士が、マゴルカを落とす様になってしまう。
この場合、部下を片付ける時間が急激に不足してしまう。

もう片方の部下に人員投入がなされない場合にも、問題は発生する。
滅砕士を除いた 5人が全て怒りを使用する部下に付いてしまえば、
もう片方の部下は周辺認識した対象に対して、ジャンプ攻撃を加える。
この時、滅砕士がジャンプ攻撃に被撃されればノックバック,ダウンが発生しながら、
同じくマゴルカを落とす様になってしまう。
これ以外にも、この部下モンスターは攻撃や毒によるダメージ量が非常に高い。

その為、怒りを使う部下は状態異常技の活用が容易い職業が担当して、
もう片方の部下は魔道士や暗殺者,召喚士などの職業が担当して、
護身蒼天,煙幕,花弁の舞などのスキルを活用しながら片付けた方が良い。

ただ、暗殺者が隠れ身を使用すると、部下は暗殺者を認識する事が出来なくなる為、
他のパーティー員に移動してしまう点は注意する様にしよう。


セリフが表示されたら、部下モンスターの怒り攻撃を遮断する様にしよう。


もし、この様な攻略を使っても部下を倒すのに時間が不足していたり、
攻略活用自体が不可能な場合には、片方の部下だけ倒す様にして、
マゴルカ爆発は「被害減少」効果があるスキルや氷結冬華,御剣保護を活用した方が良い。

被害減少効果があるスキルは、代表的には滅砕士の「鉄壁」や魔道士の「護身蒼天」がある。
修練ポイント投資が必要なスキルではあるが、効果が優れている上に、使い方も簡単だ。


氷結冬華と御剣保護の場合、マゴルカ爆発が発生する時点で使えば良い。
特に氷結冬華は、マゴルカ爆発の被害を 3打までは完全に抵抗する事が出来る為、
費用効果は非常に優れている。
ただ、衰弱効果は抵抗する事が出来ない為、5打目の力強い被害は絶えなければならない。
HP を最大限回復しておく事が重要だ。

ポーションを使う方法もある。
基本的にマゴルカ爆発は 5打にかけてダメージを与える攻撃である為、
「持続回復」効果を持った回復薬を使えば、初盤の被害を相当量相殺する事が出来る。

ただ、部下を全て倒さない攻略には、重大な短所がある。
マゴルカがマゴルカ爆発を 5回全て詠唱した後は、残っている部下を吸収しながら、
HP を回復してしまうという点だ。
部下一匹に付き 50万 の HP が回復してしまう為、ずっと部下を残しておく場合、
タイムアタックに負担が掛かってしまう様になるので、注意する様にしよう。


氷結冬華,御剣保護,回復震脚など、抵抗 / 被害減少 / 回復スキルを活用しよう。



・[特殊パターン 2] マゴルカ打撃の詠唱遮断とマゴルカ進撃,濁気玉の移動経路を遮断!

 - 特殊パターン 2 :
  = 濁気玉生成 → (マゴルカ地震 → マゴルカ打撃 → マゴルカ進撃)x3 →
   中央にマゴルカ地震 → 濁気玉発動 → マゴルカ連射 x2 → マゴルカ地震 → マゴルカ爆熱 x3


2つ目の特殊パターンである濁気玉パターンは、マゴルカの HP が以下に到逹すれば開始される。

 = 一般 : 50%,10%
 = 熟練 : 70%,30%

パターン開始と同時にマゴルカは動かない濁気玉を一つ召還して、
マゴルカ地震 → マゴルカ打撃 → マゴルカ進撃パターンを 3回 連続して使用する。
引き継いで、マゴルカ地震を使用して中央に移動した後、濁気玉を発動させて、
マゴルカ連射を 2回 使用、次にターゲット対象にマゴルカ地震を使用して、
マゴルカ爆熱を 3回 詠唱する順序が進行される。


パターンが始まれば、「マゴルカが杖を使って濁気玉を生成します」という
メッセージが見える事を確認出来る様になる。
この濁気玉は最初は動かず、ランダム対象の移動を妨害する濁気束縛を掛けるだけだが、
繋がる攻撃 3サイクルが終わった後に濁気玉が発動されれば、素早く動き始める。


引き継いで、マゴルカ地震 → マゴルカ打撃 → マゴルカ進撃のパターンが始まる。
マゴルカ地震は防御不可能攻撃なので、横移動など抵抗技を活用するか、
距離を開けて回避する事が安全だ。

地面に降りたマゴルカは、直ちにマゴルカ打撃という広域技を使用する。
マゴルカ打撃は高ダメージを受ける上、詠唱時間以内の遮断を失敗すれば、
もう一度詠唱してくる性質がある為、合わせ技失敗は即ちパーティー全滅にも繋がる。
前もって合わせ技を調律して、戦闘に進入する様にしよう。


合わせ技でマゴルカ打撃を遮断したら、マゴルカは状態異常が解除された後、マゴルカ進撃を使用する。
マゴルカ進撃は前方に突進して、敵方に高いダメージと共に、ノックバック,ダウンを誘発する攻撃だ。
対処法は、経路を防御 / 反撃等のスキルで遮断する事であり、防御に成功すれば、
その場で移動を止めて、再度地震からパターンを進行する様になる。


このタイミングで注意しなければならない点は、マゴルカ打撃を遮断した後、
掴み上げ / 吸功などのスキルを使ってはいけないという点がある。
合わせ技を入れるパターンでは掴み上げ / 吸功が可能な為、
習慣的に取り上げやすいのだが、掴み上げや吸功でマゴルカが無力化される時間が長くなれば、
戦場に濁気玉がおびただしい速度で生成される様になってしまう。


また、マゴルカ地震 → マゴルカ打撃 → マゴルカ進撃パターンは総 3回繰り返されるが、
インターバルが短く、状態異常スキルの再使用待機時間が戻ってこない場合がある。
その為、合わせ技を入れる手順を前持って決めておくなり、
使う状態異常スキルを予め決めておいて、攻撃を開始した方が良い。


一番目サイクルでマゴルカ進撃を使う前は先行モーションがある為、
目で見て対処出来るが、2,3番目サイクルでは、先行モーションなしで
直ちに突進を開始するので、予め防御 / 反撃をしなければならない事にも注意しよう。


マゴルカ進撃は、経路で防御 / 反撃を使って遮断する事が出来る。


マゴルカ打撃を遮断した後、掴み上げ / 吸功は使わない方が良い。


三度のパターンが終われば、マゴルカはマゴルカ地震を使って中央に移動した後、
召還しておいた濁気玉たちを発動させる。

濁気器玉は発動される前は、召還された位置に固定されたまま、
ランダム対象に対して周期的に濁気束縛を掛けるだけだが、
マゴルカが濁気玉を発動させる瞬間からは、話が違う様になる。


発動するや否や、濁気玉たちはおびただしい速度で移動を開始する。
悲嘆の雪獄宮にいる修羅王が使う炎氷玉と似ている形態を持っているが、
その速度は 2倍ほど早い事が特徴だ。

対処法自体は炎氷玉と似ており、直線移動する濁気玉の経路を、
防御 / 反撃 / 弾くで遮断すれば良い。


一つ注意する点は、濁気玉の破裂に成功したら、直ちにキャラクターが氷塊牢獄にかかり
動く事が出来ない状態になるという点だ。
この間は濁気玉を破裂させる事が出来なくなる為、気を付けなければならない。


発動された濁気玉が破裂しないまま、15秒 経過す様になると、
爆発を起こしながらおびただしいダメージとノックバックを誘発する。
また、爆発する濁気玉一つ毎に、マゴルカには攻撃バフが一つずつ重複される為、
濁気玉は確実に破裂させて無くす様にしよう。


なお、先のマゴルカ地震 → マゴルカ打撃 → マゴルカ進撃パターンにおいて、
広域技と突進経路遮断が速やかに成り立っていたら、
濁気玉は一つか二つだけしか生成されない為、玉の除去は大して難しくは無くなる。


移動する濁気玉の経路を遮断しよう。


もちろん、濁気玉を発動させた後、マゴルカもじっとしていない。
濁気玉を発動させたマゴルカは、引き継いでマゴルカ連射を 2回 使用する。

マゴルカ連射は 1回詠唱毎に 4発の発射体を発射する攻撃であり、
高ダメージと共にノックバック,ダウンを誘発する遠距離攻撃である為、注意が必要だ。
ただ、遠距離攻撃判定となる為、花弁の舞や煙幕などのスキルを活用すれば、
ダメージは受けず簡単に抵抗する事が出来る。


マゴルカ連射まで終わって、残っている濁気玉が無ければ、
マゴルカはマゴルカ地震を使って周辺にダメージを被らせた後、マゴルカ爆熱を使う。
マゴルカ爆熱はマゴルカ息と似ている前方ブレス攻撃だが、詠唱速度が二倍程度早い事が特徴だ。
マゴルカ爆熱は総 3回 詠唱するので、一度避けたと安心せず、続けて動く様にしよう。


なお、パーティーの攻撃力が優れていて、マゴルカ連射 → マゴルカ地震まで進行された時、
マゴルカの HP が部下召喚 HP に到逹していたら、マゴルカ爆熱は使用して来なくなり、
すぐに中央に向かうマゴルカ地震を使った後、部下召還パターンを再開する様になる。


マゴルカ連射は護身蒼天や煙幕を活用すれば、簡単に対処可能だ。


マゴルカ爆熱は詠唱速度が非常に早いので注意。



●マゴルカ攻略 簡単整理

1)基本攻撃は全て広域攻撃。ダメージに注意。

2)奇襲的に登場するブレス攻撃には気を付けよう。

3)ジャンプ攻撃であるマゴルカ地震は、ターゲット対象との距離が 0m であっても
  使用してくる為、緊張を緩めない様にしよう。

4)HP が 90% に到逹すれば部下を召還する。
  この時パーティー員に滅砕士やリン剣術士がいたら、マゴルカに合わせ技を入れて、
  掴み上げ / 吸功を使い、他のパーティー員が部下を倒す時間を稼ぐ様にしよう。

5)部下はパーティー全体に気絶をかける「怒り」を使う。
  セリフが出たら合わせ技を入れて遮断する様にしよう。

6)もう片方の部下も力強い毒ダメージを与えたりする。
  煙幕や護身蒼天を使って抵抗した方が良い。

7)マゴルカ爆発が始まる時、氷結冬華や御剣保護などの抵抗技や鉄壁、
  護身帳幕などのダメージ減少スキルを使えば、被害を減らす事が出来る。

8)濁気玉を召還した後に行うジャンプ攻撃パターンに注意。

9)マゴルカ進撃は防御 / 反撃をすれば良い。
  2,3番目のマゴルカ進撃は、事前モーション無しに直ぐ移動を始めるので、
  予め防御しておく様にしよう。

10)発動された濁気玉は防御 / 反撃などで経路を遮断すれば、破裂して消える。
   この時防いだ人には氷塊牢獄が発生する。

11)濁気玉を全て無くす事が出来なければ、発動してから 15秒後に爆発して、
   大ダメージを受ける様になってしまう。

12)パターン終わりに使うマゴルカ爆熱は、詠唱速度が非常に早い為、
   気を付けなければならない。



●マゴルカ攻略映像

・剣術士視点


・暗殺者視点

投稿者 (む) : 2015年8月27日 11:40

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る