レベル 55 「グル族の古都」 1ネームド 「イカリノエダサキ」,2ネームド 「シンラノオオキミ」 攻略
●他サイトヘッドライン
« 韓国、勢力商人の交換 Dupe 修正、及び、悪用アカウント永久 BAN | トップページ | レベル 55 「グル族の古都」 伝説手甲を得よう! 3ネームド 「大長老 アラブルタイジュ」 攻略 »

2017年4月 6日

レベル 55 「グル族の古都」 1ネームド 「イカリノエダサキ」,2ネームド 「シンラノオオキミ」 攻略 [ BnS - ダンジョン攻略 ]

グル族の古都は、西落アップデートと共に登場した最高難易度のダンジョンで、
伝説等級手甲である 「帝王手甲」 のキー材料 「進撃手甲」 を得られる場所だ。

また、上位装備をアップグレードするのに必要な材料である黒鮫鱗や鳥魔の羽,
空虚の破片などを高確率でドロップするので、材料収集の面でも人気は高い。

ボスは全 3体で、1番目ネームド 「イカリノエダサキ」,
2番目ネームド 「シンラノオオキミ」,
3番目ネームド 「大長老 アラブルタイジュ」 が布陣している。

各ボス毎に必ず遂行すればこそクリア可能なギミックが布陣している為、
ギミックを理解する為の熟練度が、とても重要となるダンジョンだ。

inven





※記事内容の攻略は 1例であり、様々な攻略方法がある事をご了承ください。


グル族の古都は西落にある夢幻の森南側に位置しており、ダンジョンに入場する為には、
8幕メインクエストを全て完了して、古都の失郷民クエストを完了すれば良い。

全てのボスをクリアする為には、1人当たり 7万を超える DPS が要求されて、
プレイガイド上でも、漆黒の楼閣より上位に分類されており、
比較的高い難易度を要求するダンジョンになっている。



●多様な即死技と行動不可パターンに対応せよ!1番目ボス 「イカリノエダサキ」

※熟練のイカリノエダサキは、戦闘に先立って注視対象者を決めておくといい。
 11時 16m,1時 13m,5時 10m,7時 7m に、それぞれ一人ずつ立つ事が一般的だ。
 タンクはパターン上注視対象になってはいけないので、他の人員で担当者を選定しよう。


・基本パターン

イカリノエダサキの基本パターンは、以下の通りだ。

 - 前方 2打 → 回転攻撃(4打) → 前方昇竜撃 2打 → 打ち下ろす(2打,合わせ技可)

特別に注意すべき点は無いが、回転攻撃はダメージがとても痛い。


・特殊パターン その1(一定時間毎)

 - 濁気地帯 + 大斬首
  = 濁気地帯設置 → 一番遠い人にジャンプ → 濁気地帯設置 → 突進 → 大斬首


濁気地帯は、周辺に広域ダメージと移動不可効果を与える攻撃だ。
足が縛られたら、後方移動(SS)で抜ける様にしよう。

ジャンプ着地時は広域ダメージが展開されるので、ジャンプで回避しなければならない。

突進は、防御や反撃で阻む事ができる。
この時、濁気地帯の上で突進を阻めば、引き継いで出る大斬首が免疫となり遮断できなくなる為、
濁気地帯が無い場所で突進を防ぐ様にしよう。

大斬首は、一般では大ダメージ、熟練ではパーティー全員を即死させるスキルであり、
合わせ技 4個を使って、遮断する事ができる。


・特殊パターン その2(一般 70%,30% / 熟練 90%,60%,30%)

 - 注視 + 大斬首
  = 中央ジャンプ → 一番遠い人から順に 4人注視 → 濁気地帯設置、及び、濁気玉召喚 →
   広域攻撃(ジャンプで回避)5回 → 注視対象斬首 4回 → 大斬首 → 広域 4打


中央にジャンプする時、注視対象者 4人は、
予め自分の位置に移動する様にして、距離を合わせる様にしよう。

ジャンプ着地時には広域ダメージが来るので、ジャンプで回避しなければならない。

注視が入って来た事を確認したら、
注視対象者はキノコ模様タイルの上に立っていれば良い。
遠くに立ったままだと、その後の斬首パターンを回避できなくなる為だ。

なお、注視デバフを保有したまま、濁気地帯の上にいる様になれば、
直ちに行動不可状態となり、15秒間キャラクター操作が不可能になる為、
付近には近付かない様に注意しよう。


濁気地帯を設置した後に登場する濁気玉は、全てタンクに向かって直線移動する。
玉は防御や反撃、弾くを利用して経路を遮断すれば、破壊する事ができる。

玉が動く時、イカリノエダサキは地団太を踏み、広域攻撃を 5回 使用してくる。
これを受けるとノックバック → ダウンとなり、玉を破壊するのが難しくなる。
御剣保護などを活用して、破壊しやすい様にしよう。


注視対象の斬首は、注視を受ける順番(距離が遠かった順)に使用してくる。
斬首が時計方向に進行されるなら、対象者は反時計方向へと後方移動(SS)すれば、
安全に回避する事が可能だ。


その後の大斬首を合わせ技で遮断する時は、濁気地帯の状態異常免疫が残っているので、
1秒位待ってから合わせ技を入れる様にしよう。(枠が空いてから直ぐに入れると抵抗される)


広域 4打は、リン剣術士のパーティー旋風や、氷結冬華で抵抗すれば良い。



●詳細解説

グル族の古都 1番目ボスは 「イカリノエダサキ」 で、多数の即死技と力強い広域攻撃を主に使う。
パーティー員たちがそれぞれ役割を分担して攻略を進行しなければならない事が特徴であり、
最小 5人以上のパーティー員がいれば、円滑にクリアする事が可能だ。


パターンは 「基本攻撃パターン」 と、一定時間毎に出る 「特殊パターン1(濁気地帯 + 大斬首)」,
一般 70%,30% / 熟練 90%,60%,30% 到逹時に使う 「特殊パターン2(注視 + 大斬首)」 で構成されている。

特に広範囲を攻撃する斬首や、合わせ技で切らなければならない大斬首の場合、
一般では抵抗で回避できるが、熟練ではしっかり対応する事ができなければ、
キャラクターが即死するギミックとなっている為、
機敏な対応と、パーティー員の息を合わせる事が、なにより重要なボスだと言える。


力強い即死技を多様してくるイカリノエダサキ


イカリノエダサキと本格的な戦闘を始める前に、予めパーティー内で役割分担を決めておかなければならない。
必要な役割は、注視を担当する 4人,タンク,そしてタンクと共に濁気玉を破壊する人だ。

一般的にタンクは剣術士や拳闘士が引き受ける様になり、
濁気玉を一緒に防ぐパーティー員は、その場で玉を連続して破壊できる、
邪術士,滅砕士,リン剣術士などが担当する様になる。

なお、剣術士の場合、御剣保護をかけて防御を使えば、一人で玉を全て破壊できるが、
拳闘士は反撃にクールタイムがあり、玉を全て破壊する事はできないので、
他のパーティー員と共に防ぐ様にした方が良い。


注視の場合、イカリノエダサキが特殊パターン 2(一般 70%,30% / 熟練 90%,60%,30%)に突入した後、
一番遠い人から順に総 4人に対して付与される。
注視バフを受けると、イカリノエダサキは周辺に濁気地帯を展開して、それが展開された瞬間、
行動不可状態に陥るので、できれば遠距離クラスが担当した方が良い。

注視対象者は、11時 16m,1時 13m,5時 10m,7時 7m に立つのが一般的であり、
戦闘開始前にパーティーチャットで 「11-16」,「5-10」 などのチャットを行い、
予め簡単に自分が担当する位置を決めておくと良い。


イカリノエダサキの特殊パターン 2 で一番多く使われているポジション。
各々担当する位置を予め決めておこう。


イカリノエダサキの基本攻撃パターンで注意しなければならない点は特別に無いが、
回転攻撃はダメージがとても高いという点と、打ち下ろすは防御不可能だが、
合わせ技を入れる事ができるという点だけ、知っておけば良いでしょう。


基本攻撃パターンを続けていくと、一定時間毎に特殊パターン 1 へと突入する。
特殊パターン1 に突入した時は、地面に 「濁気地帯」 ダメージ床が設置されて、
濁気地帯を設置したイカリノエダサキは、自分から一番遠い対象にジャンプ攻撃をする。

この時、非常に広い範囲に波動が発生してダメージを誘発するので、
イカリノエダサキが着地するタイミングに合わせて、ジャンプ(SPACE キー)して回避しよう。


イカリノエダサキは着地後、もう一度濁気地帯を設置して、正面に向かって突進をする。
突進は防御や反撃などで経路を遮断すれば遮断可能だ。

突進を終えたイカリノエダサキは、まもなく 「大斬首」 を詠唱する。
この大斬首は、合わせ技 4マスで必ず遮断しなければならない。
遮断に失敗すれば、一般では大ダメージを受けるし、熟練では直ちに全滅する。


このパターンで重要な点は、ジャンプ後に突進をする時、
絶対に濁気地帯の上で、防御や反撃を使ってはいけないという事だ。

濁気地帯上に立っているイカリノエダサキには、「濁気地帯」 というバフが形成されており、
このバフがついている状態では、全ての状態異常が免疫になる為だ。

濁気地帯を設置した後、一番遠い対象にジャンプする為、空間には余裕がある。
一定距離を置いて、経路を防ぐ様にしよう。


なお、パーティーの火力が非常に優れていて、
早い時間内に HP を特殊パターン 2 段階まで減らす事ができる場合、
特殊パターン1 は出ず、すぐに特殊パターン 2 に進入する。


特殊パターン1 に突入。
濁気地帯を敷いて一番遠い人にジャンプした後、また濁気地帯を設置する。


濁気地帯の上にいる時は状態異常に免疫となる為、距離を置いて突進を防ごう。


大斬首は、合わせ技 4マスで必ず遮断しなければならない。



イカリノエダサキの HP を一般 70%,30% / 熟練 90%,60%,30% にまで減少できれば、
特殊パターン 2 に突入する。
該当の HP に到逹したイカリノエダサキは、直ちに中央にジャンプした後、
一番遠いパーティー員から順に 4人に対して、同時に注視を付与する。

この時、予め場所を決めておいたパーティー員たちは、
それぞれ 11時 16m,1時 13m,5時 10m,7時 7m にそれぞれ位置する様にして、
タンクと玉を一緒に破壊するパーティー員は、イカリノエダサキにぴったりくっついていよう。


4人にそれぞれ注視が入って暫くした後、
イカリノエダサキは濁気地帯の生成、及び、濁気玉の召喚を始める。

濁気地帯が敷かれながら召喚される濁気玉は、タンクに向かって直線に動き、
壁にぶつかった後は、再度タンクに向かって直線に動く様になる。

濁気玉は経路を防御や反撃、弾くで遮断すれば爆発するが、
経路の遮断に失敗すれば、通り抜けながら触れたキャラクターの足を縛るので、
注意する様にしよう。


また、玉が動き始めると同時に、イカリノエダサキはその場で 5回ジャンプしながら、
着地時に広域波動攻撃をしてくる。

攻撃自体はソサ・ヤンサのそれの様に、ジャンプを利用して回避すれば良いが、
玉を防がなければならない場合には、ジャンプが難しい事もあるので、
その様な職業の場合には、パーティー保護スキルを活用すれば良い。

一般的に剣術士がタンクの場合には、御剣保護を使って防御で玉を全て破壊して、
拳闘士がタンクの場合には、滅砕士の鉄壁,リン剣術士の風車による連続弾く、
邪術士の防弾符などを通じて、一緒に破壊を行う。


なお、この時の注視対象者たちは、玉に触れたり、玉の経路を防いで破壊したり、
濁気地帯の上に入ってはいけない。
注視バフがある状態で、この様な行動を取った場合、
直ちに 15秒間の間、操作不可状態となり、高確率で死亡する様になってしまう。


実際の注視を受ける時のポジション。各パーティー員が距離を維持しよう。


濁気玉はタンクに向かって移動する。防御や反撃、弾くで破壊可能だ。


濁気玉タイミングで来る広域攻撃は、ジャンプで回避できるし、御剣保護を使っても良い。


広域攻撃が終わった後、イカリノエダサキは 「斬首」 パターンに入る。
斬首は約 120度に達する範囲を覆い被せる広域攻撃で、
注視対象に向かって順次一回ずつ、総 4回を使用してくる。

この時、注視を一番遠くで受けた人が最初の斬首対象者となり、
続いて遠い順から近い順に向かって注視を受けた人が、順に斬首の対象者となる。

先立って決めた通りの位置に立てていれば、最初の斬首は 11時 に向かって放たれて、
以後、時計回りに斬首は発生する様になる。

斬首の扇型範囲はとても広く、中央から遠くに立っているほど回避が難しくなるので、
イカリノエダサキ周辺にあるキノコ模様のタイルの上に立ち、自分の方向に斬首が来たら、
後方移動(SS)などを使って半時計回りに回避すれば良い。


4回の斬首を全て終えたら、イカリノエダサキは大斬首を詠唱する。
この時も、イカリノエダサキには濁気地帯バフが残っていて、すぐには合わせ技が入らない為、
1秒ほど待ってから、気絶を入れて遮断すれば良い。以後は同じパターンを繰り返す。


注視対象者に使う斬首は、後方移動など移動技を利用して回避しよう。


大斬首を遮断する時は、濁気地帯バフが消えてから気絶を入れよう。



●イカリノエダサキ 攻略映像


一般


熟練



●次々と沸く子蜘蛛 Wave の中で餌食を救出!2番目ボス 「シンラノオオキミ」

※シンラノオオキミでは、特別予め決めておく役割は無く、
 餌パターンで、餌食となる対象者だけ予め決めておけば良い、
 遠距離広域攻撃があり、HP 回復が優れたクラスが引き受けるのが理想的だ。


・基本パターン

 - 前方1打 → 前方 2打(グロッキー) → 前方蜘蛛の巣(移動不可) → 回転攻撃(防御不可) → 押しのける


シンラノオオキミの基本攻撃パターンは、八毒母とほぼ等しい。
ただ、回転攻撃などのパターンは八毒母と違い、防御不可能だ。


・特殊パターン 1(打ち下ろしパターン)

 - 地面に打ち下ろしをした後、広域蜘蛛の巣 → 前方突進連打


特殊パターンは、頻度がとても高い。
地面に腕を打ち下ろしてパーティー員を空中に浮かべた後、蜘蛛の巣を使う。
その後、正面に突進しながら地面を連打してくる攻撃を行う。
ダメージが非常に高く、正面にいる場合、100% 気力が尽きる。


・特殊パターン 2(餌食パターン 一般熟練共に 80%,40%)

 - 中央ジャンプ → 天井に上がり一番近い人を餌食に指定 → 毒床投てき → 餌食吸功 → 餌食を食う


シンラノオオキミの HP が 80%,40% になれば、特殊パターン 2 を使用してきて、
中央にジャンプした後、天井に張り付いて、一番近い対象を餌食に指定する。

餌食になると、引き継いで溢れ出る子蜘蛛の攻撃対象になる為、
群がって来る子蜘蛛にやられない様に、遠距離かつ広域攻撃を持つクラスが担当した方が良い。

また、シンラノオオキミは餌食に向かってずっと毒床を投てきしてくるので、
餌食対象者は弛まず動いて回避しなければならない。


餌食が子蜘蛛退治と毒沼を避けている間、他のパーティー員は、
戦闘地域外郭に登場する蜘蛛の卵を破壊して、子爆弾蜘蛛を探さなければならない。

子爆弾蜘蛛を探して倒せば、「玉」 がドロップして、
餌食がシンラノオオキミに捕まった時に玉を投げれば、パターンを遮断する事ができる。


なお、玉を投げる人以外のパーティー員は、子蜘蛛を一緒に倒しておけば、
餌食が急死する事を防ぐ事が可能だ。


餌食が食われる前に死亡したり、完全に食われるまでに遮断できなかった場合、
シンラノオオキミは凶暴化して、パーティーは全滅する。



●詳細解説

2番目ボスであるシンラノオオキミは、八毒母に似ている外形のモンスターで、
多数の子蜘蛛たちを召喚しながら、戦闘を進行してくるのが特徴だ。

子蜘蛛は攻撃速度は遅いが、個体数が多く、
1回攻撃当たりのダメージ量も、1万を上回るほどに高い。
また、HP が無くなると、周辺に広域ダメージと共に毒をばらまくので、
気を付けなければならない。


シンラノオオキミは、特別役割分担が必要なボスでは無いが、餌食パターンで対象者となる人は、
できる限り遠距離広域攻撃を持つクラスが引き受けた方が良い。

シンラノオオキミが特殊パターン 2 で空中に上った後、子蜘蛛が次々と出現してくるが、
これらは基本的に、餌食対象者に向かって押し寄せてくるからだ。

遠距離攻撃のあるクラスは、この子蜘蛛を直接倒しながら動く事ができる為、
子蜘蛛が群がってきて、あっという間に死亡する状況を避ける事ができる。


一般的に餌食を担当するクラスは、剣術士,邪術士,リン剣術士,召喚士などで、
滅砕士も旋風打撃や台風で回りながら子蜘蛛を倒せる為、推薦される。

もし、パーティーにこの様なクラスがいなかった場合、誰でも餌食は担当可能だが、
他のパーティー員が子蜘蛛を素早く倒せば、餌食が死亡する可能性を最小化できる。

ちなみに餌食が死亡した場合、シンラノオオキミは凶暴化して、パーティーは全滅する。


幾多の子蜘蛛とシンラノオオキミ、同時に相対しなければならない。


基本攻撃パターン + 特殊パターン1 では、特に注意する点は無い。
シンラノオオキミの攻撃は、大部分が八毒母と等しいパターンであり、速度も早くない。
回転攻撃が防御不可能なので、このタイミングで気絶を入れて、遮断すれば良い。


戦闘が始まって一定時間が経てば、打ち下ろしパターンが追加される。
打ち下ろしパターンは、地面に腕を打ち下ろして、周辺のパーティー員を空中に浮かべた後、
広域に蜘蛛の巣をばらまいて、前方に突進しながら、持続的にダメージを与える攻撃だ。

この前方突進は、ダメージ量が非常に高く、3 ~ 4回以上被撃した場合、
キャラクターの気力が尽きる様になる為、必ず抵抗する様にしよう。

空中に浮かんだパーティー員がいたら、氷結冬華やパーティー旋風、
パーティータンポポの種などで、パーティー員を守っても良い。


以後、シンラノオオキミの HP が 80%,40% になれば、中央にジャンプした後、餌食パターンに入る。
この時、餌食となる対象者は、シンラノオオキミの後を追って足下に立っていれば良いし、
他のパーティー員は、外郭へと散らばった方が良い。


シンラノオオキミの打ち下ろし。パーティー員を空中に浮かべるパターンには注意しよう。


シンラノオオキミの HP が 80%,40% になると、天井に上がって餌食パターンが始まる。


シンラノオオキミが餌食パターンを開始すると、中央に移動した後、
空中に身を隠す様にしつつ、一番近くにいる人を餌食として選定する。

以後、毒床を餌食に向かって持続的に投てきしながら、子蜘蛛を多数召喚して、
その後、餌食を蜘蛛の巣で縛り付けて、食べようとする。

この時、餌食が食われる前に死んだり、完全に食われるまでパターンを遮断できなければ、
凶暴化が発動する様になり、パーティーは全滅する。


餌食となるパーティー員は、シンラノオオキミの下に移動しておいて、
シンラノオオキミが天井に上がったら、円を描きながら周辺をぐるぐると回れば良い。

毒床を避けて、群がって来る子蜘蛛は広域攻撃で片付ける様にしよう。

なお、子蜘蛛の HP を大部分消失させた後、少し距離を狭めてから再度空ければ、
子蜘蛛が全て自爆する様に、誘導させる事もできる。

ただ、餌食対象者の第1任務はあくまでも 「生存」 であり、
子蜘蛛を処理しながら、生き残る事に全力を注ぐ様にしよう。


餌食対象者では無い他のパーティー員は、このタイミングで、
戦闘地域の外郭方向に登場した 「蜘蛛の卵」 を破壊しなければならない。

蜘蛛の卵の中には、子爆弾蜘蛛が 1体 隠れており、この爆弾蜘蛛を片付ければ、
オレンジ色に輝く 「玉」 がドロップする。

この玉を持って餌食を食べようとするシンラノオオキミに投げつければ、
餌食パターンを遮断する事ができる様になる。


一般的に広域攻撃が弱い暗殺者クラスは、持続的に召喚される子蜘蛛を倒すのが難しい為、
この様なクラスは玉を探した方が良い。

また、シンラノオオキミは、餌食きを食うまでは完全に身を隠しており、
餌食を食う際も 「外壁保護」 バフが消える前までは、
玉を投げてもシンラノオオキミを落とす事ができないので、気を付ける様にしよう。

ちなみに玉を持った者は、シンラノオオキミをターゲットにした後、じっと待った方が良い。
マウスを動かすと、召喚される子蜘蛛にターゲットが移り、玉を誤って投げる可能性があるからだ。


餌食対象者は、群がってくる子蜘蛛から生存しなければならない。


他のパーティー員は、マップ外郭に配置された蜘蛛の卵を破壊。子爆弾蜘蛛を探そう。


餌食を食う為に身を露出したシンラノオオキミに、子爆弾蜘蛛が落とした玉を投げつけよう。



●シンラノオオキミ 攻略動画



3ネームド 「大長老 アラブルタイジュ」 攻略はこちら

投稿者 (む) : 2017年4月 6日 13:00

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る