見るだけの eSportじゃない!一緒に楽しむ「ブレソワールドチャンピオンシップ」
●発売日カレンダー
・19年 7月 7日 [CPU] 新型CPU AMD Ryzen 3000番台 発売開始
・19年 7月 26日 [Switch] ファイアーエムブレム 風花雪月
・19年 9月 13日 [PS4] ボーダーランズ3
・19年 9月 19日 [HARD] メガドライブミニ

« 韓国、次期アップデート 「建元成都」 一部原画公開 | トップページ | 「2015 ワールドチャンピオンシップ」 4強戦,3位決定戦 まとめ »

2015年11月13日

見るだけの eSportじゃない!一緒に楽しむ「ブレソワールドチャンピオンシップ」 [ 比武大会 ]  

13日、釜山映画の殿堂で進行された NCsoft のブレイドアンドソウル
トーナメント 2015 ワールドチャンピオンシップの現場では、多様な
イベントブースが設置されていて、注目を集めた。

この日は、早くから来た観覧客を対象に、多様なイベントが開かれて、
単純に比武を観覧する事以外にも、直接参加して楽しむ事が出来る
遊びの場が開かれていた。

ゲーム朝鮮




●Samsung VR 体験ブース

一番注目を集めたブースは、Samsung による VR ブースだった。
スマートフォンを利用した VR(バーチャルリアリティー)という点も魅力的だったが、
これから公開されるブレソのアップデート内容に対するヒントが隠れていると記載があり、
多くの観覧客が殺到した。



●武神の塔チャレンジ!

EMTEK のゲーミングデバイス ブースでは、観覧客 4人ずつ組を分けて、
高級装備でセッティングされたブレソキャラクターを用いて、
各々が武神の塔を上がるタイムアタック競技が行われていた。

自分が普段プレイしている職業を選択して、武神の塔を誰がもっとも早く駆け上がるか、
競争している姿が特徴的だった。
なお、順位によっては多様な商品がプレゼントされて、挑戦欲求を促していた。



●トリプルモニターで軽功勝負一戦!

Samsung ブースの隣で進行された軽功対決も、大きな反響を起こしていた。
三つのモニターを連結した大型スクリーンで、通常時に利用するキーボードでは無く、
ゲームパッドを利用して軽功を楽しむ対決が行われており、ランニング形式の記録測定で
風変わりな楽しさを与えていた。


投稿者 (む) : 2015年11月13日 23:08

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る