NCsoft、2016年 3分期 営業利益 651億ウォン...前年比 29%↑
●発売日カレンダー
・19年 7月 7日 [CPU] 新型CPU AMD Ryzen 3000番台 発売開始
・19年 7月 26日 [Switch] ファイアーエムブレム 風花雪月
・19年 9月 13日 [PS4] ボーダーランズ3
・19年 9月 19日 [HARD] メガドライブミニ

« 新規地域&ストーリー 「西落:楽園」 19日ブレソ比武大会決勝にて実体公開! | トップページ | 2016 比武大会 ワールドチャンピオンシップ シングル本戦 まとめ »

2016年11月11日

NCsoft、2016年 3分期 営業利益 651億ウォン...前年比 29%↑ [ 情報・ニュース等 ]  

NCsoft は、2016年 3分期実績を発表して、売上 2,176億ウォン,
営業利益 651億ウォン,当期純益 479億ウォンを記録したと 10日、公示した。

NEWSNGAME




会社側によれば、前年同期対比売上と営業利益は、それぞれ 11%,29% 上昇し、
当期純益は 56% 増加した。
前分期対比売上は 10%,営業利益と当期純益はそれぞれ 24%,47% 減少した。

3分期売上を地域別でよく見れば、
韓国 1,427億ウォン,北米 / ヨーロッパ 276億ウォン,日本 128億ウォン,
台湾 103億ウォン,ロイヤルティ 242億ウォンだった。

製品別では、
「リネージュ1」 838億ウォン,「リネージュ2」 206億ウォン,「アイオン」 161億ウォン,
「ブレイドアンドソウル」 401億ウォン,「ギルドウォーズ2」 153億ウォンを、それぞれ記録した。


リネージュ1,リネージュ2,ブレイドアンドソウルなど、主要 IP(知的財産権)による、
提携事業成果も現れた様だ。
IP 提携売上は、前年同期対比で リネージュ2 は 32%,ブレイドアンドソウルは 61% 上昇した。


NCsoft は来月 8日、モバイルゲーム 「Lineage Red Knights」 を、
アジア 12ヶ国にて同時サービスするという計画だ。

また、「リネージュM」,「ブレイドアンドソウル:精霊の指輪」,
「ファイナルブレード」 等のモバイルゲームと、
「リネージュエターナル」,「MXM」 等の PC オンラインゲームを準備している。



●リネージュエターナル、クローズドベータテストの公開

NEWSNGAME

NCsoft の野心作である PC MMORPG 「リネージュエターナル」 の、
クローズドベータテスト日程が公開された。

NCsoft の最高財務責任者(CFO)は、10日 2016年 3分期実績カンファレンスコールで、
「リネージュエターナルのサービス準備は、計画に滞り無く進行されている」 と語った。

引き継いで、
「リネージュエターナルは、新しいゲームデザインを取り入れた新作であり、
 利用者は新しい経験ができるだろう。エンドコンテンツも、新しいトレンドを反映した。
 ハードウェアスペックも低めており、直観的な操作と操作難易度も調整して、
 プレイへの進入障壁も低めた。これは既存ゲームとは差別化された部分だ」 と付け加えた。



●モバイルゲームプロジェクト、20余種類を準備中

NEWSNGAME

NCsoft は、約 20余種類のモバイルゲームプロジェクトを進行していると明らかにした。

このうち、自社開発作品の比重は 90% であり、
ゲームは韓国、または、北米 / ヨーロッパ市場でまずサービスする計画だ。

NCsoft 最高財務責任者(CFO)は 10日、2016年 3分期実績カンファレンスコールで、
「韓国内外で、モバイルゲーム 20余種類のプロジェクトを稼動している。
 Lineage Red Knights を始まりに、韓国でのサービス事業は本格化する」 と言った。

引き継いで、
「モバイルゲーム パブリッシング作品 1種類は、上半期にローンチした。
 来年 1分期には、新しいパブリッシング新作もサービスする計画がある」 と付け加えた。

パブリッシングとの開発作品比重に対しては、
「開発作品の比重は、約 90% 位だ。サービス計画に対して、多くの悩みをしている。
 一部ゲームは韓国より先に、他地域でサービスするゲームもある」 と言った。



●モバイル 「リネージュM」 来年 1分期にサービス開始

NEWSNGAME

オンラインゲーム 「リネージュ1」 のゲーム性を、モバイル機器に最適化した、
モバイル MMORPG 「リネージュM」 が、来年 1分期にサービス開始される予定だ。

NCsoft 最高財務責任者(CFO)は 10日、2016年 3分期実績カンファレンスコールで、
「リネージュM の開発日程は、大きな変化は無い状態だ。
 来年 1分期にはサービスする事ができるだろう。
 いつサービスすれば効果的なのか考えている状態だ。
 遠くない時期に、事業の方から関連情報が伝達されるでしょう」 と言った。

引き継いで、
「原作オンラインゲーム リネージュ1 を楽しんでいる利用者たちが、
 全員 リネージュM に移住するという事は無いと思う。
 ただ、勿論新しいゲームなので、プレイしてみる人もいる事でしょう。

 リネージュM のターゲットは、過去リネージュ1 を楽しんでいた利用者だ。
 新しいスタイルのゲームを希望している利用者もターゲットとなる。
 原作リネージュ1 を今も楽しんでいる利用者の動きは少ないでしょう」 と付け加えた。

投稿者 (む) : 2016年11月11日 12:45

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る